財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y05021
タイトル
林地残材を用いたバイオマスエネルギー事業の成立性評価
[Title]
Profitability evaluation of biomass energy project using thinning residue
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
地球温暖化対策だけではなく森林保全、地域活性化方策として、間伐によって発生する林地残材のエネルギー利用に対する期待は大きい。ところが林地残材は間伐施業の実施に伴い発生するにも係わらず、林業不振、林業従事者の高齢化・不足等による施業状況を反映させた現実的な発生量を明らかにした先行研究はない。また林地残材をエネルギー源とした施設による新規事業は、事業リスクが大きいために進んでいない。このため既存の温浴施設等の燃料を代替することが検討されているが、これらの事業採算性についてもこれまで十分な検討は行われていない。そこで施業状況を反映した林地残材の発生量と、それを既存施設の代替エネルギーとして用いる場合の採算性を試算するためケーススタディを行い、林地残材の有効活用方策を検討した。
[Abstract]
The purposes of this research are to estimate accurately the amount of thinning residue in a particular area, and to evaluate profitability of using the residue as an alternative biomass energy source for the existing oil boiler facilities. Especially focusing on a mountainous region, a case study was carried out in the Minami area in Gifu Prefecture, which is a typical Japanese mountainous region in terms of forest area, inclination ratio, and thinning residue amount. In addition the area also has a predetermined thinning plan.With a simple estimation method considering the age of trees, according to the plan the thinning residue amount will be 22,000mウ/year for the fiscal years from 2005 to 2008. However with the in-depth method using GIS, the practically usable amount is estimated at most about 880 to 1,500mウ/year. It turns out that the actual available amount produced by the plan is very little. On top of this to clarify the feasibility of substitution for the existing oil fuel facilities in the area, the research examined potential procurement conditions and calculated necessary amount of the biomass fuel for each facilities. As a result, a hot spring and a sports center (warm swimming pool) satisfy the feasibility conditions. Moreover, it turns out that the procurement costs can be very low. Then, assuming installation of a wood fuel boiler or a woody gasification cogeneration, the profitability of substitution was examined. The results showed that the oil boiler of the hot spring can be substituted by the wood fuel boiler. As well assuming that the cost for purchasing the biomass fuel is less than 30 percent of the running cost for the existing oil fuel facility, the research estimated the maximum profitable initial cost. The conclusion is that if the new facility can be installed with less than 50 million yen, the project is fully securable.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

井内 正直

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
バイオマス Biomass
林地残材 Thinning Residue
ポテンシャル Potential
地理情報システム Geographic Information System
事業採算性 Project profitability
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.