財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y05024
タイトル
小規模業務用需要家の電力・ガス・給湯消費の実測調査とその変動要因分析 -飲食店舗における調査事例-
[Title]
A Measurement Survey of Electricity, Gas and Hot Water Demand at a Restaurant and Analysis of Time Variation in the End-use Energy Demand
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
小規模業務用需要家の電力・ガス・給湯消費と建物内外気温を計測するシステムを用いて、首都圏のある飲食店舗(店舗面積330屐客席数122、ロードサイド店舗)の用途別電力・ガス・給湯消費とその変動要因について以下を明らかにした:(1)店舗全体のエネルギー消費のうち、電力が69%を、ガスが31%を占めた。用途別電力消費は、空調用が52%と最も大きい。用途別ガス消費は、調理用が77%、食器洗浄機用が12%、給湯機用が11%であった。日給湯量の平均値は2900L/日、最大値は5600L/日であった。また、休日の消費が平日よりも55%多かった。これは給湯消費が来客数と関係するためと推察される。店舗内の厨房と客席のエリア別に、空調用電力消費の変動要因について回帰分析したところ、客席エリアの空調用電力消費(日量)は、夏・冬季ともに日平均気温と非常に高い相関があることが分かった。厨房エリアの夏季の空調用電力消費(日量)は、日平均気温と調理用ガス消費量(日量)との相関が高いことが分かった。
[Abstract]
To promote energy conservation in commercial sector, grasping the present status of end-use energy consumption is necessary. However, there has ever been few long-term measurement surveys of end-use energy consumption conducted for this sector, especially for small-sized commercial customers. We have been conducting electricity, gas and hot water demand measurement surveys at a couple of restaurants in Tokyo Metropolitan area since December 2004. Indoor temperature and humidity in customers’ seats area and kitchen area of the restaurants are also jointly measured to investigate relationship between energy usage patterns and indoor thermal environment of the restaurants. This report presents analysis of time variation in electricity demand for space cooling and heating and hot water demand of a restaurant throughout the period from March 2005 to February 2006. The results show that, while electricity demand for space cooling and heating, which has the largest share of 52% in annual electricity consumption of this restaurant, is primarily affected by outdoor temperature on a daily mean basis, for space cooling of the kitchen area, gas consumption as well as outdoor temperature can influence the electricity demand level. Hot water demand seems to be affected by numbers of customers visiting the restaurant, because the measurement results show that weekend hot water demand is 55% higher than weekday one and the August and December hot water demands are 15% higher than those in other months because of summer vacation and year-end parties.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高橋 雅仁

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

今村 栄一

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

占部 亘

システム技術研究所需要家システム領域

宮永 俊之

システム技術研究所需要家システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
業務部門 Commercial Sector
実測調査 Measurement Survey
飲食店舗 Restaurant
電力ガス給湯需要 Electricity,Gas and hot water demand
変動要因 Time variation factor
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.