財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y05027
タイトル
ナノテクノロジー研究開発と社会的影響評価 -エネルギー分野における課題とわが国にとっての示唆-
[Title]
R&D on Nanotechnologies and Societal Implications - Issues for energy application and implications for Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米・欧・日において、ナノテクノロジーの研究開発が急速に進められており、革新的なエネルギー技術への貢献が期待されている一方、ナノテクノロジーがもたらす社会的影響についても関心が高まりつつある。そこで本研究では、次の3点を実施した:(1)米国・欧州・日本におけるナノテクノロジーの研究開発動向を既存文献にもとづいて調査分析し、主な政府イニシアティブや予算動向等を整理した。(2)エネルギー分野における今後の技術革新の可能性などを検討し、各国共通のテーマとして「光触媒」「燃料電池」「太陽電池」があることを確認するとともに、当面の課題としてナノスケールの計測・解析技術によるナノ構造理解の重要性を指摘した。(3)欧米におけるナノテクノロジーの社会的影響評価に関する研究動向を調査し、法・規制面、社会・倫理面、技術評価手法に関する研究が欧米でかなり進みつつあること、また日本でも早急にその予算確保、体制の整備、専門家育成が必要であることを指摘した。
[Abstract]
Recently, major industrialized countries, notably, the United States, Europe and Japan, have been aggressively funding so-called "Nanochnanotechnologies" research and development (R&D) programs. While their potential applications on energy technologies are also expected, it is still too early to assess commercial prospects of nanotechnologies for energy application. It is also known that the US and Europe have taken initiatives in research on societal implications of nanotechnologies. This report reviews recent trends in R&D programs of nanotechnologies, especially in the area of energy application and on societal aspects of nanotechnologies. Its main findings are; (1) Definition of "Nanotechnologies" is still unclear in many occasions, which is often the reason for confusion in discussing potential application and breakthrough of nanotechnologies: (2) In energy R&D area, no specific large projects have been initiated, while three major applications (photovoltaic solar cell, fuel cell and photocatalyst) are common themes of energy applications of nanotechnologies: (3) Among the most important R&D items are "modeling, measurement and instrumentation" technologies which are important for both better understanding of science and assessing environmental impacts: (4) Major issues for societal implications so far are [1] risk assessment of nano-particles, [2] ethical, social and legal aspects (no immediate need for new regulations), [3] new research methodologies for technology assessment, and [4] R&D institution and its network.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

鈴木 達治郎

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

松村 哲夫

材料科学研究所

木村 宰

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

上野 貴弘

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

塚田 一郎

材料科学研究所材料物性・創製領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
ナノテクノロジー Nanotechnologies
研究開発 Research and Development
社会影響 Societal Implication
技術開発政策 Technology Policy
革新的エネルギー技術 Innovative Energy Technology
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.