財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y05029
タイトル
技術開発政策の実効性に関する既往研究のレビュー -エネルギー技術分野を中心に-
[Title]
A review of ex post analysis on the effectiveness of technology policies
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
温暖化防止のためには、エネルギー技術システムの大幅な革新が必要であり、そのような技術開発を促進する政策のあり方を検討する必要性が高まっている。本報告では、主にエネルギー技術分野を対象として、過去の技術開発政策の実効性評価を行った研究を幅広くレビューした。過去に実施された技術開発政策の実効性評価研究には、大きく分けて次の3つの分析アプローチがあった:1)公的研究開発投資とリターンに対する分析(技術開発へのインプットとアウトプットに注目する)、2)環境政策措置の技術開発促進効果に関する分析(具体的な環境政策措置が技術開発を促進する効果に注目する)、3)技術開発政策の成功要因・失敗要因に関する分析(技術開発の「成功/失敗」にとって重要であった要因を多面的に分析する)。本報告では、これら3つのアプローチの既往研究でこれまでに得られている知見と方法論上の課題を整理し、今後の有益な研究課題を指摘した。
[Abstract]
Technology development plays a vital role in the global climate strategy. This article aims to provide a review of ex post analyses on past technology development policies to get some insights for future energy technology policy. The author finds three strands of existing literatures on energy technology policy: 1) "return analysis" on publis R&D investment; 2) analysis on technology impact of alternative environmental policy instruments; and 3) innovation systems literature that analyze success/failure factors of governmental roles. These literatures show: while returns on public R&D investments are susbstantial, distributions of the returns are highly skewed; regulations and economic instruments enhance technology development; and voluntary agreements have indirect innovation impacts. Innovation systems literature identifies four governmental roles for successful innovation: both technology-push and demand-pull policies; long-term stable support from the government; niche creation and learning; and networking and coordination. Lessons from failures of large scale technology development projects are also reviewed. Finally, it is found that there are few empirical studies on Japanese energy technology development programs.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

木村 宰

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
技術開発 Technology development
エネルギー技術 Energy technology
実効性 Effectiveness
政策評価 Policy evaluation
事後評価 Ex post analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.