財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y06001
タイトル
電中研短期マクロ計量経済モデル 2006 −モデル構造と動学的特性−
[Title]
The CRIEPI Short-Run Macroeconometric Model 2006 -The structure and dynamic property-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では日本経済と電力需要の短期予測に利用している短期マクロモデルの改訂版(モデル2005)について紹介する。モデル2005では 93 SNAデータなどの最新データを用いることにより近年における経済の構造変化の取り込みに努めたことに加え、今後の財政構造改革に伴う財政政策の変更がマクロ経済に与える影響を評価することができるよう大幅なモデル構造の改良を行った。 改良点は以下の通り。
(1)政策変更の影響を制度部門ごとに評価できるようにするため、支出ブロック、分配・資本ブロックを拡充し、消費行動、投資行動、所得分配のメカニズムを経済主体ごとにモデル化した。
(2)上記により、公共投資、個人所得税、法人税、消費税率の変化が、実体経済に与える影響を最終的な収支尻である貯蓄投資差額の変化を含めて制度部門別に計測することができる。
(3)国際収支ブロック、金融・資産価格ブロックの拡充によりサービス収支や所得収支の変動、資産価格の変動が実体経済に与える影響を計測することができる。

モデルの予測能力および財政政策の変更による制度部門別の貯蓄投資差額の挙動を確認するために、最終テストと以下に示す乗数テストを実施した。
その結果、本モデルは日本経済・電力需要の短期予測、および、財政政策シミュレーション分析に利用可能であることが確認された。

(1)公共投資増加の効果(年間 1 兆円増額):実質 GDP は乖離率で 0.22〜0.24 %増加、名目乗数は 1.19〜1.49 となる。このとき、貯蓄投資差額は、家計部門では 2,500〜2,900 億円、法人部門で 1,800〜4,400 億円改善するものの、政府部門では 6,100〜7,800 億円悪化する。
(2)個人所得税減税の効果(年間 1 兆円減税):実質 GDP は乖離率で 0.12〜0.18 %増加、名目乗数は 0.64〜1.12 となる。このとき、貯蓄投資差額は、家計部門では 5,800 億円程度、法人部門では 3,400〜4,200 億円改善するものの、政府部門では 1 兆円程度の悪化となる。
(3)法人税減税の効果(年間 1 兆円減税):実質 GDP は乖離率で 0.05〜0.16 %増加、名目乗数は 0.27〜0.90 となる。このとき、貯蓄投資差額は、家計部門では 500〜2,000 億円、企業部門では 5,100〜8,900 億円改善するものの、政府部門では 7,900〜9,500 億円悪化する。
(4)消費税率引き上げの影響( 1 %引き上げ):消費税率の引き上げは、物価上昇に伴う実質購買力の低下により、実質 GDP を乖離率で 0.43〜0.46 %減少させる。このとき、貯蓄投資差額は、家計部門では 500〜2,400 億円、企業部門では 3,600〜5,200 億円悪化するものの、政府部門では 6,400〜8,800 億円改善する。
[Abstract]
The Japanese economy is still confronting a massive cumulative budget deficit though the business condition has continued to recover for more than four years. Ongoing fiscal reform in central and local governments will continue by cutting expenditures, increasing taxes and so on. This paper describes the latest version of the CRIEPI quarterly short-run macro-econometric model of the Japanese economy, which has been developed for the purpose of evaluating the influences of various fiscal policy on the real economy and on the sectoral IS balances. The theoretical background of the model is based on the traditional macro-economic IS-LM-BP model. The main features of our new model are summarized as follows. 1. The influences on sectoral IS balances can be measured with the detailed modeling of (1) the income and outlay accounts and (2) the capital finance accounts in SNA . 2. We can evaluate the effects of the change in various fiscal policy to the household sector, the corporate sector and the government sector by decomposing sectoral accounts in the model. 3. Furthermore, we can evaluate the overall effects of the changes of stock and land prices on the real economy by introducing the capital finance accounts in the model. Employing our new model, we have conducted following four simulations for evaluating hypothetical change in fiscal policy. 1. Additional 1 trillion yen in public fixed investment results the increase in real GDP by 0.22-0.24 %. The IS balance of of the household sector improves by 250-290 billion yen, while the balance of the government sector deteriorates by 610-780 billion yen. 2. Cutting back 1 trillion yen in personal income tax results the increase in real GDP by 0.12-0.18 %. The IS balance of the household sector improves by about 580 billion yen, while the balance of the government sector deteriorates by about 1 trillion yen. 3. Cutting back 1 trillion yen in corporate tax results the increase in real GDP by 0.05-0.16 %. The IS balance of the corporate sector improves by about 510-890 billion yen, while the balance of the government sector deteriorates by 790-950 billion yen. 4. Raising 1 % point in consumption tax rate results the decrease in real GDP by 0.43-0.46 %. The IS balance of the government sector improves by 640$\sim$880 billion yen.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2006
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

林田 元就

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

門多 治

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
マクロ計量経済モデル Macroeconometric Model
シミュレーション分析 Simulation Analysis
経済予測 Economic Forecast
景気循環 Business Cycles
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.