財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y06002
タイトル
欧州環境税の実効性に関する事例研究レビュー
[Title]
Case Studies and Its Effectiveness of Environmental Taxation in European Countries
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
「環境税は温暖化防止の効果が高いので、日本で導入すべき」という意見がある。ただし、その効果分析は理論的・事前的なものにとどまり、根拠としては弱い。他方で、北欧諸国では、1990年初頭から環境税が導入されはじめ、その効果についての実証的・事後的な分析が可能になっている。本稿は、北欧環境税を事後的・実証的に評価したこれらの文献をレビューし、環境税に関する一般認識は、現実には必ずしもあてはまらないことを示す。
[Abstract]
It is often argued that environmental taxes are efficient, so that Japan can benefit from introducing such instruments. However, most of those arguments are merely based on theoretical examinations in ex-ante evaluations; therefore empirical contentions based on ex-post evaluations are weak. Since Nordic countries introduced environmental taxes in early 1990s, there is accumulation of literatures on actual impacts of environmental taxation. This paper reviews these literatures and reveals that common perception about environmental taxes is not always correct --- there exists a considearable gap between theory and practice.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2006
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

若林 雅代

社会経済研究所 地域経済・エネルギー技術政策領域

杉山 大志

社会経済研究所 地域経済・エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 Global Warming
環境税 Environmental Tax
欧州グリーン税制改革 Green Tax Reform in Europe
政治的実現性 Political Feasibility
経済的措置 Economic Instruments
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.