財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y06008
タイトル
英国電力市場BETTAの取引動向
[Title]
Recent Trend of Electricity Trading Under BETTA in the United Kindom
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2005年4月1日に創設された英国電力取引制度(BETTA)は、英国大の単一の卸電力取引市場を形成した。BETTAは2001年3月に創設された、イングランド・ウェールズの卸電力取引制度であったNETAと、自らの取引制度を持っていたスコットランドの制度を置き換えるものであった。BETTAは実質的にはNETAを拡大し、スコットランドを取り込んだものである。BETTAの主な特徴は、スコットランドの電気事業制度を再編し、系統運用者を競争的事業を提供する部分から分離するものであった。しかし、垂直統合事業者であるScottish PowerとScottish and SOuthern Electricは、送電線に対する所有権を引き続き維持している。自ら発電所を持たないNational Gridが、英国大の送電ネットワークの運用を担っている。NETAからBETTAへの移行は、不測の問題を生じるものではなかったが、スコットランドの発電の送電価格について若干の懸念を生じている。政府による直接の関与を最小とした、厳格な法律と規制の枠組みに依拠した英国の制度は、欧州内では独特なものであるが、このアプローチに対する現在の経験は良好なものである。BETTAについて、本質的な懸念は生じていない。市場の価格と取引量については、英国内の異なるプラットフォームでのスポット取引の価格の間の相関関係があることから、プラットフォームの量の総計からみて、市場の流動性があることが確認できる。ただし、2004年に実需の15倍であった取引量が2005年には10倍程度、さらに2006年には6倍近くにまで下落しており、今後この傾向が続くようであれば流動性の面で問題になると考えられる
[Abstract]
On 1 April 2005, British Electricity Trading and Transmission Arrangements (BETTA) took effect, creating a single Great Britain wide electricity wholesale market. BETTA replaced the New Electricity Trading Arrangements (NETA), the trading arrangements for England and Wales that had been in place since March 2001, and the arrangements in Scotland, which had its own market rules. BETTA was essentially an extension of the NETA arrangements to include Scotland. A key feature of BETTA is that it reorganized the organization of the Scottish electricity industry by separating the system operator from the competitive parts of the industry. While the vertically integrated firms, Scottish Power and Scottish and Southern Electric retain ownership of transmission, National Grid, which is not aligned to generation, operates the transmission network throughout Great Britain. The transition from NETA to BETTA has not caused unexpected problems although some concerns have been raised about the effect of transmission pricing arrangements on Scottish generators. Although the UK's reliance on a strict legal and regulatory framework combined with minimal direct intervention from Government is relatively unique in Europe, the experience to date of this approach has been positive. Overall no fundamental concerns have been raised regarding BETTA. Regarding market prices and volumes, the close correlation between spot prices of trades on different platforms in Great Britain suggests that spot market liquidity can be ascertained from the sum of volumes on all platforms. However, volumes have declined over the past 2 years from 15 times physical delivery to about 6 times physical delivery. This trend will begin to raise concerns about liquidity if it continues.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2006
発行年月 [Issued Year / Month]
2007/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 美香

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力自由化 Liberalization of Electric Power Industry
英国電力取引制度 BETTA
市場構造 Market Structure
卸電力価格 Wholesale Electricity Price
市場支配力 Market Power
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.