財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y06009
タイトル
英独仏需要家による電力自由化の評価と供給者選択行動の分析
[Title]
Assessment of Electric Retail Competition and Customer Choice of Power Suppliers in the UK, Germany and France
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では、欧州で代表的な英独仏3国の需要家を対象にアンケートやインタビュー調査を行い、以下の知見を得た。
1.需要家による供給者の変更率は、英国の一般家庭で46%、事業所で74%に対し、ドイツの一般家庭13%、事業所35%、フランスの事業所で8%となっている。この変更率の高い英国において、一般家庭および事業所の変更回数は1、2回がほとんどで、元の供給者に回帰した一般家庭も全体の8%、事業所で14%存在する。
2.3国の需要家の大半は、自由化に伴い、供給者の変更経験がなくても、「他供給者の料金水準を調査・確認」や「供給者変更に関する情報収集」など、何らかの探索行動をとっている。これらの行動は、電気料金水準の高いドイツの事業所や、全面自由化を控えたフランスの一般家庭において、より積極的である点もわかった。
3.電気料金に対する満足度を「満足」と「やや満足」を合わせた割合で見ると、一般家庭では、英国48%、フランス53%に対し、ドイツで23%となっている。また事業所では、英国48%に対し、ドイツ36%、フランス38%である。加えて、顧客サービスを見ると、3国の中でもっとも低いドイツの一般家庭で52%となり、いずれも過半数の需要家が満足している。特にドイツの事業所では73%が満足と回答している。これらの満足度に関連し、英国とドイツの事業所や、フランスの一般家庭で自由化を肯定的に評価する割合が大きい。他方、いずれの国でも、約2割の需要家が自由化に対して否定的な意見を表明しているのが現状である。
4.供給者選択の要因分析により、顧客ロイヤルティの構築と需要家のスイッチング・コストの存在が、同一供給者を継続して選択する要因となることが示された。ここで、供給者変更率の高い英国では、需要家が自由化への肯定的な評価が実際の変更行動に結びつくものの、ドイツやフランスの事業所ではこの関係は成り立たないこと、英国とフランスの一般家庭のみ、自由化下での積極的な探索行動をもたらす関与がその肯定的な評価に結びついていること、などが明らかにされた。
[Abstract]
The EU decided to open up Europe's electricity markets to competition and create a single European energy market. The electricity markets in the UK, Germany and France are the most representative in the EU. In this paper, we surveyed customer satisfaction with price, supply reliability, customer services and corporate image, and customer behavior toward electric power suppliers based on questionnaire to 4,805 residential and business customers in the UK, Germany and France. We firstly confirmed that 46% of residential and 74% of business customers had changed their suppliers especially in the UK, and 8% of residential and 14% of business customers had returned their original suppliers. It was recognized that many customers in the 3 countries had taken some searching behavior toward power suppliers such as "collecting information related to switching them", and "checking on how to switch them" after retail competition. We also confirmed that 48% of customers in the UK, 23% of residential and 36% of business customers in Germany, and 53% of residential and 38% of business customers in France were satisfied with the price of their suppliers while more than 50% of all customers in the 3 countries were satisfied with customer services. Using structural equation modeling (SEM) we made it clear that customer royalty and switching costs would lead residential and business customers to contract with their suppliers continuously. This paper finally pointed out that there were some cause-and-effect relationships between customer switching behavior and two factors such as a commitment to the supplier which was dependent on its marketing activities and an expectation for retail competition which was independent from them.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2006
発行年月 [Issued Year / Month]
2007/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

蟻生 俊夫

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

後藤 久典

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力自由化 Liberalizing electricity market
欧州 Europe
顧客満足度 Customer satisfaction
顧客サービス Customer services
消費者行動 Consumer behavior
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.