財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y07002
タイトル
競争環境下における電力需要家保護制度の検討 ー米国及びEU諸国の現状と課題ー
[Title]
The Current Status of Electricity Customer Protection - in the Liberalized US and European Markets -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国の小売の全面自由化に関する議論においては,最終保障やユニバーサル・サービスの確保といって需要家保護制度について検討する必要がある。そこで小売全面自由化を実施した米国諸州及びイギリス,ドイツ,フランス,アイルランドの需要家保護サービスを、スタンダード・オファー,デフォルト・サービス,ラスト・リゾートの観点から検討した。その結果,小売全面自由化を実施した米国の州においては,従来既存事業者が負担していた供給責任は消滅していること,スタンダード・オファーとデフォルト・サービスを確保するための制度が設けられていること,などが明らかになった。また、今回検討したEU諸国では供給義務の概念が基本的に存続していること、そのためこれらの国ではスタンダード・オファーやデフォルト・サービスといった問題が意識されずに済んでいること,などが明らかになった。
わが国の現行法制度には、デフォルト・サービスに該当するものは存在するが、スタンダード・オファーに該当するものはなく、ラスト・リゾートについても十分とは言えない。小売自由化範囲の拡大を検討するにあたっては、これらの問題に対して制度上の手当を考える必要がある。
[Abstract]
When expanding the eligibility to household electricity customers, it is necessary to consider consumer protection schemes as well as the security of supply . We surveyed the customer protection schemes in the United States and EU countries where the retail markets have been open to competition. Major findings are as follows;
i) In the United States where retail competition is introduced, suppliers are no longer under the obligation to supply electricity that was imposed on incumbents. Therefore every such state has a provision of standard offer and either default service or last resort. Incumbents normally provide standard offer. Last resort is provided as a part of default service.
ii) In EU Member states we surveyed, i.e. U.K., Germany, France and Ireland, suppliers have the obligation to supply even after the introduction of retail competition. The obligation to supply is imposed on incumbents, certain suppliers, or all suppliers. Therefore, in these countries, standard offer and default service are not explicitly discussed. In case of supplier exit, an another supplier is designated as a Supplier of Last Resort and ordered to supply electricity.
iii) The current Japanese legislation does not provide a system for standard offer and last resort, and some amendments are needed if we expand the eligibility.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2007/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐藤 佳邦

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

丸山 真弘

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力自由化 Electricity Market Liberalization
需要家保護 Customer Protection
スタンダード・オファー Standard Offer
デフォルト・サービス Default Service
ラスト・リゾート Last Resort
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.