財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y07004
タイトル
新エネルギー設備導入による市民への普及啓発効果
[Title]
Effects on Environment-conscious Behavior of the Public by Renewable Energy Facility Introduction; A Case of Wind Power
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
近年,地方自治体における環境・エネルギー系の条例・行政計画の策定過程や事業の実施過程などにおいて,電気事業者が様々な協力を求められ,自治体のみならず様々な地域の主体と協働する機会が増えつつある.今後もこのような機会は多くなると見込まれるため,地域社会を経営基盤とする電気事業者にとって地域レベルの環境・エネルギー施策や取り組みについて理解を深めておくことは重要である.
そこで本稿は,自治体の新・省エネルギー施策について概観し,自治体の役割や施策動向について確認する.その上で,自治体による最もポピュラーな新エネルギー設備導入事業の1つである風力発電を題材として,これによる普及啓発効果,すなわち市民の環境配慮行動の変容促進に及ぼす影響について質問紙調査データを用いた分析を行う.
主な成果は以下のとおり.
(1) 地方自治体による新・省エネルギー施策の概観
自治体の施策担当者への質問紙調査やインタビュー調査,文献(ウェブサイト)調査などにより,以下が確認された.すなわち,多くの自治体は,地域の様々なアクターに対する省エネルギー普及啓発や,太陽光発電や風力発電を中心とする新エネルギー設備・機器の導入施策を実施している.前者の施策の実施効果として環境配慮行動の変容促進を図るには,報酬や情報提供などの介入方法をいかに効果的に組み込むかがキーとなる.そして後者の施策の実施効果としても,自治体は市民の環境配慮行動への変容促進を期待する傾向にある(表).
(2) 風力発電の導入による市民への普及啓発効果
風力発電(ウィンドファーム)立地地域の住民を対象とした質問紙調査データを用いて分析した結果,以下の知見が得られた.
第1に,視認行動(風車の回転が気になったり,サイトへ訪問したりすること)の頻度が高いほど,また家庭内コミュニケーション(家庭内でウィンドファームや環境・エネルギー問題が話題となる)頻度が高いほど環境配慮行動が向上する傾向が一貫して観察された.
第2に,行政・事業者により詳細な情報を得ているほど,また,地域コミュニティに対する態度が肯定的であるほど,視認行動や家庭内コミュニケーションの頻度も高い傾向が観察された.
第3に,以上より重要性が確認された,環境配慮行動の変化とその規定因について,時系列にみた事象の発生順や既往研究での知見を踏まえて,仮定され得る関係を検証したところ,環境配慮行動の変化への直接,間接を含めた総合的な影響として,家庭内コミュニケーションが最も大きく,次いで行政・事業者による情報提供,地域コミュニティとの関係性,視認行動の順となっている(図).
(3) 実効性の高い施策に向けての示唆
行政・事業者による情報提供は,設備導入に係わる一般的な気づきを与え,家庭内コミュニケーションを活性化し,環境配慮行動の変化へと至るものと考えられ,施策の中で一定の役割を果たしている.このように個人や世帯へ直接働きかける方法とともに,地域コミュニティから働きかける方法にも着目する必要がある.
今後の展開として以下が挙げられる.自治体がこれまでにない革新的な政策(政策イノベーション)を生み出すメカニズムを解明し,その際に大きな役割を果たしている環境・エネルギーNGO/NPOネットワークの存在も視野に入れた電気事業者の地域コミュニティとの協働のあり方を探る.さらに,民生家庭部門だけでなく,国と地方それぞれで検討されている民生業務部門や運輸部門の環境配慮行動を対象とする施策も視野に入れることにより,包括的な施策の実効性について検討する必要がある.
[Abstract]
In recent years, many local governments have established the regulations and plans for resolving environmental and energy problem in the region. In the process of establishing the regulation and plans, the understanding about environmental and energy issues of citizens, NGOs and firms in the region are indispensable. Since power utilities are major power supplier in the region and recognized as a responsible company on environmental and energy issues in the region, the local governments request the power utilities to collaborate in enlightening the actors' interests in environmental and energy issues. Therefore, understanding the influential factors of actors' interests and activities are important for power utilities in order to make collaboration successful.
This paper firstly obtain an overview of local governments policy on environmental and energy issues through a questionnaire and interviews targeted officials of local governments, literature and website survey in order to understand the local governments' purpose and outcome of the measures on renewable energy facility installation and citizens' capacity-building. Then, we clarifies the effects on environment-conscious behavior of the public by renewable energy facility introduction through a questionnaire targeted the public living closed to the facility.
The result of the surveys on the local governments' measures demonstrates that most local governments implement the measures on renewable energy facility installation to build a capacity of the public on environmental and energy issues and expect modification of environment-conscious behavior as an outcome. Main findings from analysis with the questionnaire to the public are summarized as follows. 1) Viewing the facility and family communication regarding environmental and energy issues are significant factors to determine publics' modification of environment-conscious behavior. 2) Viewing the facility and family communication are determined by inputs from local government and developers and the public's relationships with the local community. 3) Among these variables, family communication is the most significant factor to determine publics' modification of environment-conscious behavior. Based on the facts, information provision by local government and developers, which work on the public directly, has a possibility to build one's general awareness towards facilities to some extent. We also pay attention to the indirect measures to work on the public by others close to them.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2007/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

馬場 健司

社会経済研究所 地域研究領域

田頭 直人

社会経済研究所 地域研究領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
地方自治体 Local Government
風力発電 Wind Power
省エネルギー Energy Saving
環境配慮行動 Environment-conscious Behavior
態度・行動変容 Attitude and Behavior Modification
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.