財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y07011
タイトル
原子力事業における秘密情報管理と内部脅威対策−米国の実務例と我が国への示唆−
[Title]
Protection of Confidential Information and Countermeasures against Insider Threat in Nuclear Industry -Some Practices in U.S. Nuclear Industry and their Implication for Japan-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
我が国では、平成17 年5 月に、核物質防護対策の強化等を目的とする原子炉等規制法の改正が実施され、(1)設計基礎脅威( Design Basis Threat )に即した防護措置の原子力事業者への義務づけ、(2)核物質防護検査制度の導入、及び(3)従業者(職員)等への核物質防護等に係る秘密保持の義務づけ、が図られた。本研究では、これら新規制度のうち、秘密情報管理と内部脅威(内通者テロ)対策に焦点をあて、これらに関する制度運用と事業者対応のあり方についての含意を得るために、米国原子力事業における先行導入事例を調査・分析した。この結果、米国の制度及び事業者対応は、(1)規制・指針内容の一定範囲内での詳細化と可視化が図られている、(2)民間指針の策定やデータ・ベースの構築等の面で、民間団体が重要な役割を演じている、(3)セーフガード情報と呼ばれる情報区分に関しては厳格な情報管理態勢が敷かれている、(4)詳細にわたる従業員個人情報が事業者等によって捕捉・チェックされ、事業者間で広範に利用されている、等の特色を有していることがわかった。また、本研究は、これらの特色が、我が国における制度運用及び事業者対応に示唆を与える一方で、個人情報保護法との相克や従業員のプライバシーとの均衡の問題等、多くの解決すべき課題を惹起せしめる可能性があることを明らかにした。そして、これらの相克を克服する一つの手段として、民間指針等の活用が有益であることを示した。
[Abstract]
In Japan, after law amendment of the Law for the Regulation of Nuclear Source Material, Nuclear Fuel Material and Reactors was implemented aiming for reinforcement of physical protection in 2005, there still remain a number of practical issues of how the nuclear administration applies the regulations in detail and how nuclear undertakers cope with the regulations.
This report looks at how protection of confidential information and countermeasures against insider threat are regulated and handled in the United States civil nuclear energy industry, and extracts its implications for Japanese regulations and practical business affairs. This report points out four characteristics of protection of confidential information and countermeasures against insider threat in the United States commercial power industry. : (1) regulatory contents are prescribed in detail within a specific scope, (2) private bureaucracy such as NEI provides support of compliance programs of nuclear undertakers, (3) strict protection and management system about Safeguards Information (SGI) has been developed in both sides of regulations and compliance programs, and (4) employee private information of a broad content including sensitive data such as financial status or the criminal record is acquired and used at the aim of security clearance by nuclear undertakers. These characteristics, especially point (2) serve as a reference in regulation enforcement in Japan while careful attentions should be paid in harmonizing with existing legislation.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田邉 朋行

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
核テロ Nuclear Terrorism
内部脅威 Insider Threat
セーフガード情報 Safeguards Information (SGI)
セキュリティ・クリアランス Security Clearance
個人情報保護法 Act on the Protection of Personal Information
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.