財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y07019
タイトル
我が国における低公害自動車の開発・普及の歴史的分析−その促進要因と阻害要因−
[Title]
A historical analysis of development and diffusion of low emission vehicles in Japan -Driving forces and barriers-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国の運輸部門では,過去2回に渡り官民を挙げて電化の可能性が検討されたが,技術開発や商品化に成功しても,意図した普及には繋がらない状況が続いてきた.しかし,石油依存度低下やCO2排出量削減の必要性の高まり,自動車制御・電池技術の進歩を受け,近年,プラグイン・ハイブリッド車や電気自動車の導入が,本格的に議論されるようになっている.
本研究では,我が国において初期普及(1万台以上)が実現した低公害車の事例として,CNG自動車,LPG自動車,ハイブリッド自動車の開発・普及過程と歴史的に検証し,比較・分析することにより,今後の低公害車普及に向けた示唆の獲得を試みた.その結果,低公害車の開発・普及には,主導的な役割を果たすアクターの存在に加え,他のアクターにとっての十分な動機の存在や障壁の低さが不可欠であること,普及を妨げる要因としては,コスト高,インフラ整備の遅延や特定の市場への極度の依存に伴う技術開発の停滞などがあることが,明らかとなった.
[Abstract]
Electric vehicles including plug-in hybrid vehicles are attracting more attentions recently as a measure for energy conservation and CO2 emission reduction. To provide lessons for the discussion on the possibility to introduce new technologies in the automotive sector, this report analyses the diffusion process of the low emission vehicles in Japan, namely, the Compressed Natural Gas vehicle developed by city gas utilities in 1990's, the Liquefied Petroleum Gas vehicles introduced by taxi in 1960's, and hybrid vehicles commertialized by TOYOTA in 1997. The historical analysis identifies three main factors for accelerating or retarding development and promotion of low emission vehicles in Japan. Firstly, aggressive promoters play impotant roles to accelrate actividies such as policy design and technology development. Secondly, the spread of low emission vehicles are greatly affected by the availability of energy infrastructure. Thirdly, the excessive dependence on a specific market may lead to the delay and stagnation of technological development.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

加治木 紳哉

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

西尾 健一郎

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
低公害車 Low emission vehicle
技術開発 Technology development
LPG自動車 Liquefied Petroleum Gas vehicle
CNG自動車 Compressed Natural Gas vehicle
ハイブリッド自動車 Hybrid vehicle
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.