財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y07027
タイトル
産業用大口需要家の自家発自家消費に関する計量経済学的分析
[Title]
An Econometric Analysis of Self-generation for Consumption of Large Industrial Customers
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,産業用大口需要家の自家発自家消費と購入電力の代替の弾力性の推定を産業別に行い,一般電気事業者に対する自家発電からの潜在的な競争圧力について定量的な評価を行った。1994年度以降の一般電気事業者の供給区域別データを用いて,産業用大口需要家の自家発自家消費と購入電力の代替の弾力性を線形回帰モデルで推定した結果,主要な製造業で,自家発自家消費と購入電力の代替性を示すパラメータは統計的に有意に正の値をとり,代替性の存在が認められた。すなわち,燃料価格に対する電力の相対価格が上昇すると,購入電力に対する自家発自家消費の割合は増加し,自家発が一般電気事業者に対して競争圧力として働くことを意味する。特に,機械,石油・石炭製品といった,自家発電に占めるコージェネレーションの比率が高い産業で代替の弾力性が1程度と,比較的高い値となった。一方,鉱業とゴム製品,窯業の3つの産業では統計的に有意な代替性のパラメータが得られなかった。また,自家発自家消費量の大きい鉄鋼や紙・パルプといった産業では,副生燃料を利用する,いわゆるプロセス型の自家発が大部分を占め,代替の弾力性が比較的低くなっている。したがって,自家発からの競争圧力を考える場合には,産業による弾力性の違いに留意する必要がある。さらに.機械や石油・石炭製品といった産業においては,自家発自家消費と購入電力の比率に統計的に有意なトレンドが認められる。これは,サンプル期間中に,コージェネレーションの普及を促した技術進歩による影響と推測される。
[Abstract]
It has been argued that in Japan the incumbent electric utilities have been competing with self-generating facilities of large industrial customers. Yet, the economic condition for effective competition between the self-generation and electric utilities has not been empirically verified. In this study, we estimate the elasticity of substitution between self-generation for self-consumption and purchased power from electric utility for each of the major industries, using the regional data from 1994–2006. We found that the estimated elasticity of substitution was statistically significantly positive in major industries. The elasticity was higher in industries with high share of cogeneration, including machinery and oil and coal. It was lower in industries with large demand for self-generation, such as steel and paper and pulp. The estimated elasticity was insignificant in mining, rubber manufacturing, and ceramic manufacturing industries. We also observed the statistically significant effect of time trend on the ratio of self-generation to purchase from the utility in industries where the share of cogeneration has been increased.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
産業用大口需要家 Large Industrial Customers
自家発電 Self-generation
代替の弾力性 Elasticity of Substitution
購入電力 Purchased Power
コージェネレーション Co-generation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.