財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y07028
タイトル
バイオマス発電に関する情報提供内容の抽出
[Title]
What Information should be Provided in Communicating Biomass Power Generation?
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
我が国では,再生可能エネルギー電源の普及促進のために,消費者の自発的な支払額を再生可能エネルギー電源の建設等に用いるグリーン電力プログラムが実施されている.また,電気事業者に再生可能エネルギー電源により発電された電力の利用を義務付けるRPS(Renewables Portfolio Standard)制度が実施されており,本制度により生じる費用も最終的には消費者を含めた電力需要家により負担される.消費者がこれらの施策により生じる費用の負担に対する意思決定を行う際には,再生可能エネルギー電源に関する正確な理解が不可欠であり,行政や電気事業者は,消費者の理解に資する情報を的確に伝える事が求められている.一方,再生可能エネルギー電源の中では,多様な資源や技術を用いるバイオマス発電が消費者にとって最も理解しにくいと考えられる.そこで,本研究では,バイオマス発電を対象として,メンタルモデル・アプローチを適用し,情報提供資料の受け手と想定する人々(以下では想定読者)の知識や概念から,バイオマス発電の理解に役立つ情報提供内容を明らかにした.以下に主な成果を述べる.
(1)RPS制度等の施策が実施されている理由は,発電費用が高いためである.費用が高いことや,その原因である資源の収集等の課題に関する情報提供が必要である.
(2)実用化されていない発電技術である発酵熱利用の認識から「環境に良い」と考えている想定読者が存在する.直燃燃焼等の発電技術に関する情報を提供した上で,環境に良い理由としては,カーボンニュートラルな特性等に関する情報を提供することが読者の正確な理解には有益である.
[Abstract]
In order to promote production of electricity from renewable energy sources (RES-E), support schemes have been implemented, such as the Renewables Portfolio Standard and green power programs. When people consider and judge costs and benefits associated with those schemes, they need to know the characteristics of RES-E correctly. The objective of this research is to identify information to be provided for people to enhance their understanding of RES-E, taking biomass power generation(BPG) as an example and using 'Mental Model Approach'. BPG is chosen because its kWhs generated have increased recently while we assumed that it is one of the most difficult RES-E for people to understand because of its complexity.
We have created an expert's mental model of BPG based on interviews with two experts. We then conducted open-ended interviews with 30 people and a questionnaire survey of 1631 people to create a people's mental model. Through comparing the two mental models, we found the following observations:
1) People have little understanding of issues surrounding BPG such as high generation costs.
2) People think BPG can contribute to global warming mitigation even without knowledge of a 'carbon neutral' concept of biomass resources. Some people have an image of a power generation technology using heat from fermentation or digestion of biomass resources; which leads to better likelihood to believe BPG beneficial for global warming mitigation.
Considering these results, we identified that information to be provided should include: a) high generation costs and its main causes such as collection costs of biomass resources; b) the carbon neutral concept; c) details of specific power generation technologies.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田頭 直人

社会経済研究所 地域研究領域

千田 恭子

システム技術研究所 情報システム領域

土屋 智子

社会経済研究所 地域研究領域

小杉 素子

社会経済研究所 地域研究領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
再生可能エネルギー Renewable Energy
バイオマス Biomass
メンタルモデル Mental Model
メッセージ Message
グリーン電力 Green Power
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.