財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y07031
タイトル
送電混雑コスト評価プログラムの開発−送電線増設によるコスト削減効果の検討−
[Title]
Development of the evaluation program of transmission congestion cost -Study of cost reduction effects by transmission line reinforcement-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,地点別供給コストの検討のために当所で開発した「ノーダルプライス評価プログラム」に,送電線故障を考慮した電源間の発電出力調整と,負荷遮断も含むTLRベースの需給調整等による送電混雑管理機能を付け加えた「送電混雑コスト評価プログラム」を開発した。このプログラムを用いることで,‥展擦侶弉莖按篁澆篩電線故障を考慮した送電混雑解消に要した増分発電コスト(期待混雑コスト)や送電制約に起因する地点別負荷遮断量(期待不足電力量)の定量的に把握することができる。
本研究では,送電線増設によるコスト削減効果を,「送電線増設後のコスト増加」から「送電線増設前のコスト増加」を差引いた値とし,追加電源や増設送電線の運用開始時期の変更等が送電線増設により得られるコスト削減効果に及ぼす影響を検討した。簡易系統モデルを用いたシミュレーションにより,主に以下のことが明らかとなった。
〜枋蠅靴薪展察Ψ賄構成や停電コスト単価に依存するものの,送電線増設後に得られる効果は送電混雑コストの軽減効果よりも送電制約に起因する地点別期待不足電力の抑制効果の割合が大きい。
適切な場所に送電線を増設しないと,運用開始時期にかかわりなく増設によるコスト削減効果を得ることが出来ない場合や送電混雑や供給支障を悪化させコスト増加を招いてしまう場合,また想定外の電源追加が送電線増設によるコスト削減効果を低下させてしまう場合もある。
[Abstract]
We developed the evaluation program of transmission congestion cost to study effects of the power transmission line reinforcement. With consideration of outage assumptions such as unplanted outages of generators and transmission lines in power systems, this evaluation program can be calculated Expected Transmission Congestion Cost(ECC) based on change of generation cost by reduction of transmission congestion and Expected Outage Cost(EOC) based on locational unserved energy. In this study, we defined the transmission line reinforcement's effect as cost reduction of ECC and EOC by transmission line reinforcements. From simulation studies using a simple system model (8-buses, 11-branches, 8-generators and 5-customers), we obtained following fundamental results,
1) In cost reduction effects by appropriate transmission line reinforcement, relief of Expected outage cost is bigger than decrease of Expected transmission congestion cost.
2) Supply reliability such as transmission congestion and locational unserved energy may deteriorate unless the power transmission line of an appropriate place is reinforced.
3) Cost reduction effect by transmission line reinforcement is devreacesed by unlannted generation expantion.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岡田 健司

社会経済研究所

古澤 健

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
送電混雑コスト Transmission Congestion Cost
送電投資 Transmission Investment
供給信頼度 Supply Reliability
期待不足電力量 Expected Unserved Energy
電源の計画外停止 Unplanted Outage of Generator
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.