財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y07032
タイトル
ガス・コージェネレーションの普及とエネルギー間競争に関する計量経済学的分析
[Title]
An Econometric Analysis of the Diffusion of Gas-cogeneration and Implications for Inter-energy Competition in Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,都市ガス事業者の供給区域別のガス・コジェネの普及要因として,ガスと電力の間の代替的な関係が働いているのかどうかを明らかにし,わが国におけるエネルギー間競争の拡大について評価を行った。約200社の都市ガス事業者の供給区域内におけるガス・コジェネの2004年度から2006年度までの累積導入容量は,電気料金を一定としたとき,ガス料金が安くなるほど増加する,という関係が明らかとなった。これは,ガス・コジェネの存在がエネルギー間競争を促し,一般電気事業者に対する競争圧力として働く可能性を示唆している。サンプルに含まれる都市ガス事業者のすべてがガス料金を10%低下させることで,ガス・コジェネの累積導入容量は現状比で約12%増加していたと考えられる。また,家庭用のガス・コジェネ(エコウィル)の2003年度から2006年度の累積販売台数についても,相対価格が安くなるほど増加するという関係が明らかとなった。これは,家庭用ガス・コジェネの普及が,電力・ガスともに規制下にある家庭用需要家の市場においても,エネルギー間競争を促す可能性があることを示唆している。サンプルに含まれる都市ガス事業者のすべてがガス料金を10%低下させていれば,家庭用ガス・コジェネの累積販売台数は現状比で約14%増加していたと考えられる。
[Abstract]
There has been a rapid diffusion of gas-cogeneration in recent years not only among industrial and commercial customers but also among the household customers. We study the impact of major economic factors on this recent diffusion of gas-cogeneration promoted by the city gas utilities, and discuss whether it facilitates inter-energy competition. We estimated the Tobit regression models for the installed capacity of gas cogeneration accumulated from 2004–2006 and the number of gas cogeneration systems for household accumulated from 2003–2006 in each service area of city gas utility to examine how they are related to the city gas price relative to electricity price. Our major findings are the followings. (1) The installed capacity of gas cogeneration was negatively related to the relative price of energy, indicating that electricity and gas are substitutes and the potential for facilitating competition between electric utilities and gas utilities. (2) The number of gas cogeneration system for household customers was also negatively related to the relative price, suggesting that inter-energy competition can be facilitated among the household customers, who still remain under regulation as of 2007.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
ガス・コージェネレーション Gas-cogeneration
普及 Diffusion
エネルギー間競争 Inter-energy Competition
都市ガス事業者 City Gas Utility
トービット・モデル Tobit Model
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.