財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y07036
タイトル
子会社のガバナンス構造の実証分析−製造業傘下の子会社と公益業傘下の子会社の比較研究−
[Title]
An Empirical Study on Governance Structure of Subsidiaries: Comparison between Subsidiaries of Manufacturing Firms and Public Utilities
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告書では,近年のグループ経営の重要性の高まりに反し,これまで研究がほとんど進んでいなかったグループ経営,特にグループ子会社を対象にした分析をおこなった.分析をおこなうにあたり,当所では2007年に上場企業(製造業は輸送・医薬・化学、公益業は電力・ガス・陸運を対象)傘下のグループ子会社へアンケート調査をおこない,グループ子会社の財務・組織状況及び権限委譲の大きさ・経営責任の大きさ・親会社から受けるモニタリングの強さという3つの子会社ガバナンス構造に関するデータを収集した.
本報告書ではそのデータを用い,製造業に所属する親会社傘下の子会社と公益業に所属する親会社傘下の子会社を比較し,それぞれの財務・組織的特徴を明らかにした.
さらに,本報告書では子会社のガバナンス構造が子会社のパフォーマンスにいかなる影響を与えているのかを計量的に把握するとともに影響の比較検討を行った.その結果,製造業子会社のガバナンス構造は,大きい権限委譲・大きい責任・強いモニタリングというガバナンス構造が同時に高い水準で導入されていることが高い子会社パフォーマンスをもたらしていたということが明らかとなった.
一方,公益業子会社のガバナンス構造に関しては,大きな権限委譲と大きな責任というガバナンス構造をもつ子会社が高いパフォーマンスをもたらしていることが明らかとなった.
以上の結果は親会社の業種によって望ましい子会社ガバナンス構造が異なる可能性を示唆している。
[Abstract]
The importance of group management has been recognized for Japanese firms in recent years. However, the research on the group management and the group subsidiary company has been hardly done up to now. This paper examines the financial situation and governance structure of group subsidiaries that were not necessarily clear up to now and the relationship between governance structures, i.e. transfer of managerial authority from parent company to subsidiaries, management responsibility and financial monitoring from parent company, and corporate performance of subsidiaries. For this purpose, I conducted a questionnaire survey to the group subsidiaries in Japan directly and collected subsidiaries' data. Using ROA as a proxy of subsidiaries' performance, I find that transfer of authority to subsidiaries and managerial responsibility have positive effects on corporate performance in subsidiaries of manufacturing firms, and only managerial responsibility has a positive effect on corporate performance in subsidiaries of public utilities. In addition, I verify the agency theory assuming that large responsibility and close monitoring corresponding to high degree of authority are preferable for better performance. The empirical result indicates that large responsibility and close monitoring corresponding to high degree of authority contribute to the performance of the subsidiaries of manufacturing firms and only large responsibility corresponding to high degree of authority contributes to the performance of the subsidiaries of public utilities. These findings suggest that preferable governance structure is a different between subsidiaries of manufacturing firms and public utilities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

尾身 祐介

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
コーポレートガバナンス Corporate Governance
子会社・関連会社 Subsidiary
企業グループ Corporate Group
権限委譲 Transfer of authority
経営責任 Management responsibility
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.