財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y07038
タイトル
情報提供方法が提供者への信頼に及ぼす効果の検討
[Title]
A Study on the Effect of Informing Strategies to Gain Trust from the Receivers
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究の目的は,情報提供者と受け手との間に情報格差が存在する状況において,どのような情報提供戦略が受け手からの信頼を得られるのかを明らかにすることである。そのため,情報提供場面を模擬した二者ゲームを設計し,表現などの表面的特徴を捨象した情報を用いて実験を行った。
実験の基本的な構造は,以下の3点に集約される。
‐霾鶻丙后提供者は全ての情報を知り,受け手に提供する情報を取捨選択することができる。受け手は何も情報を知らない。
⊂霾鵝表面的要素に依存しないものとして,情報を提供者と受け手の利得で表現する(提供者有利配分,受け手有利配分,同点配分の3種類)。
D鷆々堝阿瞭圧 Ъけ手が提供者から示された利得配分をひとつ選び,それが提供者と受け手の利得となる。情報提供者と受け手は自己利得の向上を目指すが,決定権は受け手にあるため,提供者は自己利益のみではなく,受け手の選択行動を考慮に入れて配分を取捨選択する。
ご超設定:基本形(全提示条件)に加えて,提供者が自分や組織にとって不利な情報を提供できないという状況を作るために,提供可能な情報内容に制約を設ける条件(部分提示条件),情報隠しが受け手に発覚する可能性を導入するために,受け手が全ての情報開示を求める権利を有する条件(ダウト条件)を設定する。
各被験者は他の被験者とペアになり,情報提供役か受け手役のどちらかの役割を割り当てられた。提供者が配分提示を行い,受け手がひとつを選んで両者が利得を得るという手続きを1試行として,同じ相手と20回試行を繰り返した。
実験の結果,情報を提供することが受け手からの信頼を得られること,ただし単一種類の情報だけを提供する戦略は,たとえそれが受け手にとって有利(提供者にとって不利)な情報であっても受け手からの信頼には結びつかず,受け手有利情報を含めた複数種類の情報を提供する戦略が受け手からの信頼を高めることが分かった。
今後は,試行の繰り返しの効果を検討するために,より詳細な分析を行う必要がある。
[Abstract]
The aim of this experimental study is to show what kind of information provider (experts) can earn trust from recipient (general public) with inequality of information by using a two-person game. The game was designed based on the distribution game. Essence of the game is a) information is expressed alternatives which consist of gaining points for a privider and a recipient, b) the providers can know all alternative, but the recipients can know only offered alternatives by the providers, c) the gaining points of each at the trial are decided by the recipients' choice.
Subjects were assigned either role as a "provider" or a "recipient" in the dyads. The providers choose some alternatives to offer the recipients, then, the recipients choose one from the offered alternatives. This interaction was repeated 20 times.
The experiment showed some findings as follows; 1) The "no offer" strategy makes trust in the providers lower, 2) The more alternatives the providers offer, the higher they earn trust, if they gave only kind of alternatives which the providers could get more than the recipients, 3) The "combination offer (more than 2 kinds of alternative)" strategy including alternatives of the recipient's advantage earn trust more than the "single kind of alternative offer" strategy which consist of only kind of the providers' advantage, 4) The "single kind of alternative offer" strategies make the providers' profits smaller than "combination offer strategy".
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

小杉 素子

社会経済研究所 地域研究領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
信頼 Trust
情報 Information
情報格差 Inequality of Information
分配ゲーム Distribution Game
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.