財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08004
[Title]
SCGE Modeling for Japan Tax System Reform Evaluation
タイトル
税制変更評価のための空間一般均衡モデルの開発
[Abstract]
In recent years, the transfer of tax source between the local and central government has been the main issue in regard to the promotion of decentralization in Japan. These tax system reforms are supposed to affect resource allocation across the prefectures. In planning such reforms, it is important to clarify not only the direct effect of the change in revenue of governments, but also the indirect effect of the resource allocation across the regions. We, therefore, employ SCGE to figure out what extent and how the effects appear throughout 47 prefectures in Japan.
In this paper, we develop SCGE model focusing on the demographic changes, specifically the interregional migration, to evaluate the spatial impact of a local tax reform and a local administration system reform in Japan. A rigorous methodological framework taking into account tax base endogeneity, changes in relative prices, sectoral and regional substitution aspects is calibrated through a consistent 47 prefectures two-layer multi-regional input-output (MRIO) data in 2000.
Two experiments reflecting currently controversial tax reformation scenarios suggested by Ministry of internal affairs and communication (MIC) and Japan Business Federation (Nippon Keidanren) are implemented. Both plans aim to exchange corporation tax and consumption tax between central and local governments.
Under the MIC plan, a decrease in tax revenue of some large-scale local governments like Tokyo and Osaka is accompanied by an increase in other prefectures such as Hokkaido and Kagoshima. Due to the variation in the scale of corporation relating taxes, labors tend to move to lower tax levying prefectures like Tokyo or Osaka. This brings about a reduction in labor supply and corresponding wage rate increment in other prefectures. With higher cost of production, these prefectures suffer the contraction of demands and levels of production according to the substitution effect. As a result, this plan leads to the increase in the prefecture gap as reflected by disposable income per capita and the losses in overall utility of the nation.
On the other hand, not only the total tax revenue increases for both central and local government under the Keidanren plan, there is also to be an increase in income and consumption of household owing to a decrease in corporation relating taxes. The distortion in resource allocation is alleviated as a result of the migration to some local areas. This eventually brings about the contraction of the prefectural disparity and the welfare improvement throughout Japan.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2000年の地方分権推進一括法施行を契機とする市町村合併とあわせて,中央から地方への権限委譲が進められ,地方の政策決定の自由度を増加させる制度改革が実施された.同時に地方交付税交付金の削減と地方への税源委譲が行われ,いわゆる三位一体改革が進められている.なかでも税源委譲については,現在さまざまな案が提示され,中央,地方間で活発な議論が行われている.しかし,これまでの議論は地方政府の税収が制度変更によってどのような影響を受けるかに終始しており,制度変更が地方間の労働・資本の配分や経済活動に及ぼす影響については触れられていない.さらに,いかなる制度であれ,改革は住民の厚生を高めるために行われるべきであり,その視点を欠いた議論は改革論議として適切でない.こうした税制度の変更が,資源配分や住民の厚生に与える効果を総合的に評価し議論するためには,国内の地域間資源移動を考慮した一般均衡モデルが必要である.
本研究では,1)国税および地方税の課税の状態,さらに中央政府から地方政府への所得移転の状態を記述する,2)通常の一般均衡モデルでは無視される地域間の輸送費の差異,3)都道府県間の人口移動の3点を織り込んだ空間一般均衡モデルを開発し,制度変更が税収のみならず地域の経済活動や厚生に及ぼす影響について,具体的な題材を用いてモデルのテスト・シミュレーションを実施する.
開発したモデルの特徴
(a)各県の税引き後所得に応じて人が居住地・就業地を選択するモデルを導入した.その結果,各県の経済活動の変化および税制度の変更が47都道府県間の人口流入・流出に与える影響を分析することが可能となった.
(b)当所が開発した2000年47都道府県多地域産業連関表,同年の国の収支決算書,および地方普通会計決算に基づき,国,地方(県+市町村)の課税の状態を47都道府県別に推計するともに,国と各県間の所得移転の構造をモデルに記述した.これにより,地方交付税配分法の変更や,国・地方間での税源委譲が各県,各部門,各家計の経済活動に与える影響を分析することが可能となった.
(c)通常の地域一般均衡モデルでは無視される都道府県間の輸送費の地域差を考慮し,同一商品でも購入する地域によって購入価格が異なる構造を導入した.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

B.Pongsun

社会経済研究所 地域研究領域

人見 和美

社会経済研究所 地域研究領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
税制改革 Tax system reform
人口移動 Regional migration
空間的応用一般均衡モデル Spatial computable general equilibrium modeling
多地域産業連関表 Multi-regional input-output
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.