財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08007
タイトル
新政権における米国の温暖化対策の行方−オバマ政権で “Change” するのか?−
[Title]
Can the Obama Administration change climate policy? - Political analysis of climate change in the United States -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2009年1月20日に誕生したオバマ新政権のもとで、米国の温暖化対策はオバマ大統領の選挙戦の合言葉にあるように"Change"するのだろうか。本稿では「/契権における地球温暖化の位置づけはどうなるのか」「▲ャップ&トレード(C&T)法案が連邦議会で成立する可能性はあるのか」「新政権はポスト京都議定書の国際交渉にどのように臨むのか」という3つの問いに答えるために、米国の政治動向を分析した。
第1の問いについては、新政権に影響を与える可能性がある「リベラル派」と「中道路線」の2つの勢力の提言を検討した。いずれも積極的な地球温暖化対策を志向しており、新政権では地球温暖化対策に重要な位置づけが与えられるのは確実だろう。選挙公約や新政権の陣容、政策構想を見ると、リベラル派の影響が色濃いが、現実に政策を実現する段階になると、財源不足や議会との調整といった壁にぶつかる可能性がある。このような場合には、政策方針がより現実的な中道路線に転換するだろう。
第2の問いについては、C&T法案成立の鍵を握る議会情勢を分析した。現状では両院ともに、C&Tの支持層が「積極推進派」と「条件付き容認派」に分かれている。両者を同時に満足させる制度設計を見出せれば、法案は議会を通過できるが、容易ではない。一方、連邦最高裁判決によって、オバマ政権には既存環境法の下で温室効果ガスを規制する権限が認められている。議会立法が遅れる場合には、この権限を用いて規制すると議会に圧力をかけることができる。政権からの圧力が高まった結果、隔たりが大きかった2つのグループが妥協し、法案が議会を通過する可能性は十分にある。
第3の問いについては、新政権は条約批准権限がある議会上院を注視して交渉に臨むと予想されるため、議会の意向を考察した。議会は「2020年の削減目標」と「途上国の巻き込み」を重視する。政権は選挙公約の「2020年に1990年と同水準に削減」を掲げつつも、合意する前に一連の温暖化対策立法との整合性を見極めて、現実的な数字を模索するだろう。また、政権は途上国から削減約束を引き出すべく、地球温暖化を超えて、エネルギー安全保障や通商といった他の問題とのリンクを図る可能性がある。
[Abstract]
This report aims to analyze the US politics on climate change under the Obama administration, based on the information available as of January 2009. First, the paper examines the direction of climate policy of the new administration by comparing the ideas of the two groups influencing the administration: the liberal and the moderate. Since both groups positively support change of climate policy, it is certain that the administration will pursue new energy and climate policies. At the beginning of the new administration, the liberal has more influence on the new administration than the moderate, but when their ideas, including aggressive funding for clean energy and strict cap of greenhouse gas emissions, face significant difficulty such as lack of governmental budget and congressional support, the administration may pursue more moderate policies. Second, the report analyzes the congressional power balance on cap-and-trade policy. Examining voting behaviors of the Senators, the report shows that they are categorized into three groups: "the positive supporters,"the moderate,"and"the opponents,"among which the moderate are swing voters. Although both "the positive supporters" and "the moderate" support cap-and-trade policy in general, their views on detailed provisions, including cost-containment measures, are diverse, and thus it will take long time to find compromises between them. Finally, the paper considers how the new administration engages in international negotiations on post-2012 agreements. In general, the administration needs to consider concerns of the Senators who have vote on ratification. One way to deal with the Senate is to make international agreements consistent with domestic legislation the Senate will craft and, so the administration may wait and see domestic legislation by congress.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

上野 貴弘

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
米国政治 Politics in the United States
地球温暖化 Climate change
キャップ&トレード Cap and trade
ポスト京都議定書 Post-2012 climate agreements
オバマ政権 Obama Administration
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.