財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08010
タイトル
国内需要家における電力自由化への対応とエネルギー管理体制の実態
[Title]
Customers' Behavior Concerning Electricity Liberalization and Customers' Energy Management System in Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力小売自由化や、原油価格の乱高下に伴うエネルギー小売価格の変動、省エネルギーの推進など、需要家を取り巻く環境は変化している。本報告では、わが国の電力小売自由化後の小売電力価格や市場シェアの動向を確認し、高圧以上の需要家を対象としたインタビュー調査により、小売自由化後の需要家のエネルギー管理体制の実態を把握した。自家発の導入・運用については、エネルギーコストの観点だけでなく、非常用電源やCO2排出量、運用管理体制などを考慮した検討が行われていた。小売自由化以降、需要家の契約・料金メニューへの強いニーズに対応し、長期契約や時間帯別料金などのメニューの多様化が進展している実態も明らかとなった。実態調査の結果にもとづき、業種分類、および、需要家の事業所が全国展開しているか否かという観点から需要家のエネルギー管理体制の現状を4つに類型化した。この類型のうち、例えば、サービス業のうち特定地域にのみ事業所を展開する需要家では、エネルギーに関する情報を共有する全国的な組織内ネットワークがないケースが多く、多様な電力小売事業者の情報などが求められている。また、こうしたエネルギー管理に関する情報不足を解消する方策として、講習会など需要家同士が情報交換できる場を提供することで、擬似的に需要家間のネットワークを構築する「ネットワーク機能」などを提示した。
[Abstract]
An environment around industrial and commercial customers has been changing significantly. Firstly, electricity liberalization in retail market was introduced gradually since 2000. Secondly, high oil price caused high retail energy prices. Thirdly, energy conservation is becoming more important to reduce CO2 emission. In these situations, it is important to investigate customers' energy choices and uses, such as electricity purchasing, choice of private power generator, energy management system. In this study, we investigate current status about electricity liberalization, energy choices and use of customers. Firstly, we confirmed that the electricity retail prices had decreased first since liberalization in 2000. However, after 2007, electricity prices have increased. We also confirmed that the market share of new entrant electricity suppliers was low in 2008. Secondly we confirmed that various rate plans and support services related to energy use have been important in liberalized electricity market. Thirdly, we conducted interview survey of industrial and commercial customers on liberalization, electricity purchase, energy choices, uses and energy management system. Based on the results, we confirmed that many customers do not have enough information about electricity liberalization and energy conservation methods. We found that the lack of information was caused by a lack of a network among customers of the same company, which impede customers' switching of suppliers and energy conservation.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 久典

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

蟻生 俊夫

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力自由化 Electricity Liberalization
需要家 Customer
エネルギー管理体制 Energy Management System
省エネルギー Energy Conservation
マーケティング Marketing
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.