財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08012
タイトル
欧米企業におけるCSR推進の意義と取り組み動向 -CSR評価項目の検討と企業パフォーマンスとの関連分析-
[Title]
Significance and the Present State of CSR in European and North American Companies - Evaluation of CSR activities, and Factor Analysis on CSR and Financial Performance
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
今日注目されているCSRは、ヾ覿箸了続的な発展を目的とすること、多様なステークホルダーとの対話を促進すること、4覿氾治を含む、法的責任と経済的責任という当然の責務を果たしたうえで、倫理的責任と社会貢献的責任まで戦略的に広く対応すること、の3つが特徴と言える。現在、世界的な金融危機の影響で企業活動の縮小が余儀なくされる中、社会貢献活動の見直しなど、CSR推進が停滞する懸念も浮かびあがっている。CSRの議論では、先進企業の実践事例の紹介やガイドラインの検討からさらに一歩進んで、国際標準としての内容、優先順位を明確にするとともに、その効果を前提にした対応が望まれる。しかしながら、この多様な意味を含むCSRでは、長期的な企業パフォーマンスにどのような影響を与えるかについては必ずしも明らかにされていないのが現状である。そこで本研究では、欧米グローバル企業を対象に、企業統治から従業員対応、環境対応、社会貢献対応まで含めた多様なCSRへの取り組みに関するアンケート調査を実施し、CSR特性と企業パフォーマンスの関係性を分析した。その結果、企業統治の実践面としての情報公開、ステークホルダーダイアログなどが成長性や市場評価を向上させること、企業内コミュニケーション、提案対応度などの従業員対応が収益性などに正の影響を及ぼすこと、社会貢献対応の推進が企業収益の長期安定をもたらすことなどを明らかにした。
[Abstract]
Business leaders, government officials, and academics are focusing considerable attention on the concept of "corporate social responsibility" (CSR), particularly in the realm of stakeholder engagement and environmental protection. It is desirable to clarify a priority and performance for the contents of CSR activities as global standard. We carried out a questionnaire survey on measures for CSR activities, and obtained responses from 150 companies in 16 countries in Europe and from 121 companies in the US and Canada in October/November 2008. We found that in order to implement CSR, 68% of European companies had a special department or full-time staff to tackle issues concerning human rights and environmental problems. On the other hand, 59% of North American companies have it to address environmental protection or philanthropy as corporate citizenship. With regard to the corporate governance of these companies, more than 90% of companies in Europe and North America had established specific CSR guidelines. Further, it was confirmed that with regard to environmental protection and philanthropy, European companies concentrated more in areas such as "reducing CO2 emissions at every site or office" and "striving for green procurement and purchase." On the other hand, the North American companies concentrated more in areas such as "quantitatively evaluating the effects of philanthropy." Based on factor analysis, we extracted 17 characteristics, for example, 1) flexible recruitment, 2) internal communication, 3) acceptance of employee proposals, 4) flexible work environment, 5) merit system, 6) female-oriented activities, and 7) corresponding to mental stress, as aspects of employee management relating to CSR. Among these characteristics, it was shown that there were significant mutual relationships between acceptance of employee proposals and stakeholder engagement or philanthropic organization, etc. Finally, this paper pointed out that there were some cause and effect relationships between these 17 CSR characteristics and indicators of financial performance, such as return on assets (ROA), Tobin's q, growth rate, and profit stability.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

蟻生 俊夫

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

尾身 祐介

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
CSR Corporate Social Responsibility
企業統治 Corporate Governance
従業員対応 Employee Management
環境問題対応 Environmental Protection
社会貢献活動 Social Contribution
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.