財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08013
タイトル
2050年に向けた日本のCO2大幅削減における技術オプションの効果
[Title]
The Effectiveness of Technology Options on Large-Scale CO2 Emission Reduction toward 2050 in Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
水素関連技術の評価を目的として開発した「日本版水素エネルギーモデル」を改良して、様々なエネルギー供給・利用技術がすべて、あるいはその一部が実用化された場合の、2050年に至る日本全体のエネルギー供給費用及びCO2排出削減効果などついて定量的に分析した。その結果、CO2排出制約がなくても、IGCC、給湯用ヒートポンプ、定置式燃料電池コージェネレーションシステム、輸送用バイオ燃料などが導入され、これに、2050年のCO2排出量2000年比半減制約が加わると、CCS、バイオマス発電、特に自動車交通部門では燃料電池乗用車・トラック、電気自動車、プラグインハイブリッド車などの技術が導入されること、⊂綉のCO2半減目標を達成するために必要となる費用は、2050年断面で平均費用が約5,000円/t-CO2、限界費用が約20,000円/t-CO2となり、ハイブリッド自動車以外のすべての次世代自動車、輸送用バイオ燃料、CCSが利用できない場合、同年におけるエネルギー供給費用はそれら技術が全て利用できる場合と比べ、年間7.4兆円、18.5%増加すること、を明らかにした。
[Abstract]
This study analyzes the cost and effectiveness of various innovative energy supply and utilizing technologies, e.g., heat-pump water heater and other end-use apparatus, electric and other alternative vehicles, fuel cells, hydrogen-related technologies, biofuels, carbon capture and storage (CCS), and energy conservation in reducing CO2 emissions in Japan drastically. The Japanese Hydrogen Energy Model (J-HEM), which the author developed in the previous study, was modified to incorporate these technologies for this study. The results show that reducing energy-related CO2 emissions in Japan by 2050 to half of the 2000 level is technically achievable by implementing all technologies mentioned above. Average and marginal costs to achieve this target are 5,000 yen/t-CO2 and 20,000 yen/t-CO2 respectively in 2050. In the worst case that these innovative energy supply and utilizing technologies will not be available, total energy supply cost will increase and it could be 7.4 trillion yen, 18.5% of total cost annually in 2050, which corresponds to the benefit of developing these technologies.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

永田 豊

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
革新技術 Innovative Technology
エネルギーモデル Energy Model
技術評価 Technology Assessment
費用対効果分析 Cost-Benefit Analysis
低炭素社会 Low Carbon Society
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.