財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08029
タイトル
発電所におけるエラーマネジメントプロセスの構築−全体像と導入ステップの検討−
[Title]
Establishing error management process for power plants: A study on entire picture of the process and introduction stages
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
トラブルを引き起こす可能性のあるヒューマンファクターの問題を事業所が自ら積極的に洗い出し、実効性のある措置をとるためのプロセスの概念を検討した。まず、ヒューマンファクター事象の分析をCheck段階に位置づけて、発電所レベルでPDCAを回しながらヒューマンエラー防止を目指す仕組みである「ヒューマンファクター事象情報を基にしたエラーマネジメントプロセス」を具体化した。次に、Check段階を補完するものとして、ヒューマンファクター事象発生に潜在的に影響する可能性のある、ヒューマンエラー防止活動の実施上の問題点の把握、及び、不安全行動・不安全状態の特定の手順を整理した。これらを併せて、エラーマネジメントプロセスを提案した。さらに、提案したプロセスを発電所に導入する場合のステップとして、既存のヒューマンエラー防止に関する仕組み・活動の実施状況を上記プロセスと比較した上で、不足している部分を段階的に補うという考え方を示した。
[Abstract]
The purpose of this study is to establish a management process for a power plant to positively find out actual and/or potential problems that may possibility cause a serious human factor event, and to take effective measures.
Firstly, detail steps for error management process utilizing human factor event data has been examined through an application at a plant. Secondly, basic steps for evaluating the degree of execution, enhancement and usefulness of each human performance activity and for identifying unsafe acts and uneasy human performance states were established based on literature searching and our experiences on plant evaluation. Finally, an entire picture of error management process was proposed by unifying the steps studied above. In addition, as stages for introducing and establishing the above proposed error management process into a power plant, a basic idea of supplementing an insufficient part of the process with a phased approach after comparing the above proposed management process and the existing human performance activities at the plant was introduced.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

弘津 祐子

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

藤本 順三

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

杉原 義邦

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

武田 大介

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
ヒューマンエラー Human Error
エラーマネジメント Error Management
背後要因 Causal Factor
未然防止措置 Proactive Action
パフォーマンス向上 Performance Improvement
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.