財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08031
タイトル
技術職の安全へのモチベーションに関する研究 −電力会社火力部門を対象としたアンケート調査データの職位別分析−
[Title]
A Study on the Engineers' Motivation for Safety -Analyses of questionnaire data for a thermal power department of an electric power company across positions-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力自由化を迎え、電力会社では厳しい競争環境下においてコスト削減が要請される中、個々の社員には十分にその能力を発揮することがますます求められている。そのためには、個々が高いモチベーションで業務に取り組むこと必要である。また、職位により求められる責任や役割が異なることから、職位ごとにモチベーションの構造が異なっていると考えられるため、職位別に検討することが重要である。本研究では、安全文化の視点から技術職として重要と考えられる行動に対する意欲やその実践への影響要因を明らかにするため、モチベーションに関するアンケート調査のデータを職位別に分析した。この結果、以下の知見が得られた。「安全・規則遵守行動の意欲・実践」には、各職位で共通して「安全・規則遵守への評価(軸07)」による影響が見られた。「業務改善・チャレンジ行動の意欲・実践」には、各職位でほぼ共通して「仕事に対する責任・権限・信頼(軸03)」「会社と従業員との価値・目標・情報の共有(軸09)」が影響していた。一般職では勤続年数に従って、「安全・規則遵守行動の意欲・実践」が低くなる傾向が見られた。
[Abstract]
In electric power companies, while cost reduction is demanded under severe competitive environment, it is needed for each engineering employee to demonstrate their capability fully. It is also needed for each engineering employee to be highly motivated. On the other hand, when we consider motivation, since the role differs from each position, it is thought that the structures of motivation differs from every position, and it is necessary to examine it in each position. In this research, in order to examine the factor affecting to the actions from the viewpoint of safe culture considered to be important as an engineering work, the data of the questionnaire survey for the engineering employee was analyzed. The main results were as follows. In the motivation and the practice of "the action for safety and compliance", it can be said that the influence of "the evaluation to safety and compliance" is great in common in each position. "The responsibility, authority and reliance to work" and "sharing of value, a target, and information between company and employees" mainly influence the motivation and the practice of "the action for operating improvement / challenge." The fall tendency of the motivation and the practice of "the action for safety and compliance" was looked at by according to the length of service in the employee of regular service position.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

早瀬 賢一

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

長谷川 尚子

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
モチベーション Motivation
安全文化 Safety culture
アンケート調査 Questionnaire survey
職位 Position
重回帰分析 Multiple regression analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.