財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08033
タイトル
バイオマスタウン構想の実施過程の分析
[Title]
An empirical study on policy development processes of the Biomass Towns in Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
バイオマスタウンとは、市町村が中心になり、地域内でバイオマスの生産・収集・変換・利用の各段階を一貫して整備する事業である。現在157市町村が策定、2010年度までに300市町村へと拡大が予定されている。本研究はアンケートによる集計データの分析により、バイオマスタウンの形成・実施過程の現状と課題を明らかにした。(1)アクターの関与:市町村の新エネルギー事業と比べて、バイオマスタウンでは関与するアクターが増加・多様化するとともに、側面的支援が重視されている。バイオマスは生産・収集・変換・利用と多段階にわたるため、企業等の様々なアクターの関与は不可欠であり、バイオマスタウン導入の成果である。(2)利活用事業の形成・実施過程:家畜廃生物が最大の資源量であることから、実施数では堆肥化が最多である。しかし堆肥化の事業採算性の向上は容易ではない。また各市町村がバイオマスタウンを策定した経緯・現在の目的・獲得補助金種別から、マテリアル利用と比べ、エネルギー利用が重視されている。したがって、今後バイオマスタウンを拡大するためには、マテリアル利用に比べて、エネルギー利用を重点化した補助金等の政策展開が必要である。
(3)農水省によるバイオマスタウン政策指針に対する各市町村の認識:資源利用率やモデルプランは各市町村の約半数が把握していない。簡易な数値目標の設定や、各市町村が事業の進捗を評価できる手法の提示、さらに地域の実態に即したモデルプランの提示を行うことが重要である。
[Abstract]
The Biomass Towns, initiated by local governments and supported by Japanese government, aims to expand local biomass production for local energy and material utilization. 157 cities and towns have declared biomass town plans by September 2008. Although promoting the Biomass Towns has been a focus of biomass policy in Japan for a long time, there is little interest for Japanese scientists as to the development processes of the Biomass Towns. This document analyses the development and implementation process through the data collecting from the Biomass Towns by questionnaire. The followings are main findings of this study. (1)Livestock waste is the largest biomass resource and composting is the biggest utilization project. However, as the market for composting stays premature, it is difficult to yield profit on compost utilization. Regarding number of utilization projects, energy uses of biomass is three times bigger than that of material. (2)Local New Energy Visions, funded by The New Energy and Industrial Technology Development Organization, have been enacted more than half of biomass towns. In addition, most biomass towns consider enacting Local New Energy Vision influence starting the Biomass Towns. (3)The actors involved in the implementation process of biomass project are the chief of Biomass Towns and stake- holders, such as forest and agricultural industries, in their local areas.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

朝野 賢司

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
バイオマス Biomass
バイオマスタウン The Biomass Towns
エネルギー利用 Energy use
マテリアル利用 Material use
地産地消 Local production for local consumption
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.