財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08041
タイトル
欧州の電気料金の変動要因分析 ―燃料費上昇の影響と料金転嫁率―
[Title]
An empirical analysis of electricity retail price changes in Europe - The effects of fuel cost rising and pass through rates to customers -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
近年の燃料費高騰は、電気事業者にも大きな影響を与えた。燃料費の変動をどれだけ電気料金に転嫁できるかは、料金規制の残る諸国・地域では、わが国と同様に燃料費調整制度が残るところが多いが、欧州では、電力自由化により既に多くの国で料金規制が撤廃され、燃料費の料金転嫁については経営者の裁量にゆだねられている。そこで本稿では、欧州諸国の電気料金に着目し、その推移や変動要因について確認した上で、燃料費上昇の電気料金への影響度と、料金への転嫁率について実証分析を基に明らかにする。
その結果、欧州の電気料金は、家庭用・産業用ともに2000年以降上昇しており、その主な変動要因は、燃料費を含むエネルギー費であることが確認できた。燃料費の料金への影響を分析した結果、燃料費の料金弾性値は、原子力や水力などの火力代替電源シェアが高いほど小さくなる一方で、再生可能エネルギーシェアが高いと大きくなること、また、燃料費の料金転嫁率は、燃料費の上昇時期である2000年、2005年に大きく下落し、その後ラグを持って上昇している傾向が明らかになった。
[Abstract]
In 2007, escalating fuel prices dealt a heavy blow to world economy. As well as petroleum products, commodity prices increased through their material transport and package costs. Electric power companies with fossil power plants also received a blow. In Japan, power companies can pass through fuel costs to customers based on a regulation. However, European power companies can subjectively decide it in the liberalized electricity market. Thus, only company managements know the shift rate to customers.
After examining the development of electricity prices and main cause of their change, this study attempts to estimate the influence of increasing fuel cost onto electricity retail prices and also clarify the trend of fuel cost shift rates to customers from 1991 to 2007 for 14 EU countries. As a result, we can observe as follows:
1) In nominal terms, domestic electricity prices in Europe increases moderately, while sharp rise is observed from 2000 for industrial prices.
2) Although taxes and other public charges have a nearly 50% share of the price in Denmark and Germany, the impact of their changes is limited. Energy cost should be the most important driving factor of electricity price.
3) If fuel cost rises by 1%, retail electricity prices will rise by 0.24-0.52%. In addition, they are moderated by nuclear and hydraulic power and fuel stock, and accelerated by renewable energy.
4) In the year of rapid rise of fuel prices, i.e. 2000 and 2005, power companies pass through their fuel costs with a few years delay.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

筒井 美樹

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

服部 徹

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電気料金 Electricity retail prices
欧州 European countries
燃料費高騰 Fuel price rising
転嫁率 Pass through rate
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.