財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08042
タイトル
家庭用調理器・給湯器市場におけるエネルギー事業者のチャネルおよびプロモーション戦略の分析
[Title]
An Analysis of the Channel and Promotion Strategies of Energy Companies in Household Cooking Heater and Water Heater Sales
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国の家庭用調理器・給湯器市場におけるエネルギー事業者のマーケティング・チャネル戦略とプロモーション戦略の実態について整理し理論的考察を行った。ターゲットとする機器の販売台数シェアを拡大するには、当該機器を販売するチャネル数を増加させ、当該機器を販売するチャネルを利用する家庭用需要家の割合(市場カバー率)を増大させること、および、チャネルでの選択候補機器のうち当該機器が選択される割合(機器選択率)を向上させることが重要であるが、その両立は難しい。この点を踏まえ、国内の家庭用需要家を対象としたアンケート調査データ(2008年11月実施、回答数3,431件)を用いて、戦略の実態把握と効果検証を行った結果、約半数の需要家が利用したチャネルで電気給湯機器が扱われておらずチャネル拡大が課題であるが、選好も推奨もない場合の選択率は10%未満と低いため、チャネル拡大と同時に選択率が高い戦略A「オープンチャネル&チャネル管理」やB「オープンチャネル&プロモ」の市場カバー率拡大が重要であることなどが示唆される。
[Abstract]
In the Japanese markets of cooking heater and water heater, competition among electric power companies, gas companies and oil companies is becoming active. These energy companies do some marketing activities in the competition. It is important to analyze the marketing effects of energy companies to residential customers' purchase behaviors in order to plan and assess these energy equipments diffusion strategies and competitive strategies. In this study, we analyze the effects of channel and promotion strategies of energy companies. Firstly we summarized the current conditions of those equipments diffusion and marketing activities of energy companies. Secondly we identified three types of channel and promotion strategies, (1) open-channel and channel control strategy, (2) open-channel and promotion strategy, and (3) close-channel and promotion strategy. We also developed the analysis method for evaluating the market coverage ratio of targeted potential customers and the product choice ratio in each strategy. Thirdly, applying the developed methodology, we analyzed the channel and promotion strategies by using data collected through residential customers questionnaire conducted in November 2008. As the results, we found that increasing the number of channels where the electric water heaters were sold would be important for increasing the market share of the electric water heaters. In addition, it would be also important to increase the market coverage ratios of (1) open-channel and channel control strategy and (2) open-channel and promotion strategy for the electric water heater, which had the low coverage ratios previously, in order to increase the product choice ratio.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 久典

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

蟻生 俊夫

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
家庭用需要家 Residential Customer
マーケティング Marketing
チャネル戦略 Channel Strategy
プロモーション戦略 Promotion Strategy
調理器・給湯器 Cooking Heater and Water Heater
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.