財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08044
タイトル
わが国の鉄鋼業における省エネルギーの歴史的分析
[Title]
A historical analysis of energy efficiency in the Japanese steel industry
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,わが国の代表的なエネルギー集約産業の一つである鉄鋼業について,戦後以降の省エネルギー対策の経緯を歴史学的な分析により明らかにし,今後の省エネルギー政策への示唆を得ることを目的として,戦後の鉄鋼業のエネルギー原単位推移と改善要因を既往文献(鉄鋼連盟,鉄鋼協会,鉄鋼メーカー各社の出版物等)から確認し,以下を明らかにした.
1.戦後から1990年代までの鉄鋼業における省エネルギー対策のうち,大きな効果をもたらしたのは,LD転炉,連続鋳造(CC),転炉ガス回収(OG),コークス乾式消火(CDQ),高炉炉頂圧発電(TRT)等の設備の積極的な導入と,様々な操業改善であった.
2.主要省エネルギー設備と操業改善の発展過程を明らかにした.わが国の戦後の鉄鋼業における大幅な省エネルギーの進展は,設備の積極的な導入と,様々な操業改善の双方により進められてきた.本研究で取り上げた5つの技術のうち,省エネルギーを主眼として導入・普及が進められたのは,CDQ,TRTの2つであった.そして,他の3つの技術の導入は,生産性の向上やコスト削減等に主眼が置かれており,省エネルギーは付随的にもたらされたと考えられる.
[Abstract]
This report analyses the introduction and diffusion process of devices, equipments and provision for energy efficiency in the Japanese steel industry. Firstly we examine the evolution of energy intensity index of the industry, and found that a combination of the minute improvements of operation and the progressive introduction of efficient production equipments as well as waste recovery systems, such as LD converter introduced in 1950's, CC (Continuous Casting) diffused in late 1960's, OG (Oxygen Converter Gas Recovery System) developed in 1960's, CDQ (Coke Dry Quenching) and TRT (Top- pressure Recovery Turbine) introduced after the Oil Crisis in 1973, Progress of Operation (Sogyo-Kaizen) since before the second World War. The report analyses the detailed history as to how these positive introduction of the new equipments were brought about, and how progress of operation for energy efficiency evolved. This report found that LD converter and CC were introduced mainly for improvement of productivity and reduction of production costs, while the introduction of CDQ and TRT were strongly stimulated by the Oil Crises intended for energy efficiency.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

加治木 紳哉

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

木村 宰

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

今中 健雄

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

小堀 聡

名古屋大学経済学部

キーワード [Keywords]
和文 英文
省エネルギー Energy Efficiency
地球温暖化 Climate Change
鉄鋼業 Steel Industry
生産性向上 Improvement of Productivity
操業改善 Progress of Operation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.