財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08051
タイトル
2020年までの日本経済中期展望 -財政再建と成長シナリオ-
[Title]
The Outlook for the Japanese Economy towards 2020 -Fiscal Reconstruction and Growth Scenario-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米欧先進国では戦後最大の金融・経済不況が起っており、2009年の先進国経済は第二次大戦後初めてのマイナス成長に陥るものと見込まれている。これに対応して、日本を含めた先進各国・中国で大型の財政政策等の出動が予定されている。電気事業をとりまく中長期経済環境を見通すうえで、このような政策対応が日本経済の成長経路や財政再建の行方にどのような影響を及ぼすかが注目される。そこで、新たに開発した財政=マクロ経済連動モデルを用いて、2020年までのわが国の経済・財政展望を行い、その展望といくつかのシミュレーションを通じて、経済危機を脱するための景気下支え策と中期の成長経路との関連、プライマリーバランス(基礎的財政収支)改善や財政再建進展状況、消費税増税の影響の評価などを行った。
その結果、以下の3点が得られた。
1.2008年度二次補正予算の実施を織り込んだ2020年までの中期展望結果(標準ケース)によれば、日本経済は、2008〜20年の通期平均で1.2%の実質成長を遂げる。しかし、需給の緩和傾向などが続くためデフレ基調が続き、名目成長率も同程度にとどまるため、税収の伸び悩みなどから基礎的財政収支(プライマリーバランスの中央政府・地方政府計)は2020年までには黒字化しない(2020年-9.0兆円、名目GDP比-1.5%)。それに伴い国債残高対GDP比も悪化を続ける。
2.2009年に、世界同時不況の悪化を受けて、景気底割れの回避・雇用維持を図るために追加の中期再生政策パッケージ(法人税減税5兆円と真水ベース約7.5兆円規模の各種施策)を実施した場合には、2009〜10年にかけて0.6〜0.7%程度実質GDP成長率を押し上げるなど景気の下支え効果がある。しかし、これは2010年代の財政再建をさらに遅らせる(2020年プライマリーバランス-13.0兆円、GDP比-2.1%)。
3.追加政策パッケージが奏功した2011年以降、1%づつ消費税率引き上げを行った場合には、2015年頃にはプライマリーバランスの黒字化が可能となる。しかし、毎年1%づつの引き上げにより2015〜16年にはほぼゼロ成長を余儀なくされ、2008〜20年の通期平均成長率も標準ケース比0.8%ポイント低い0.6%成長にとどまる。
以上より、大型の財政政策は今回のような急激な経済悪化のもとでは景気の下支え策として検討すべきであるが、その後年度への影響は大きく、財政健全化までの道程は長くなる。実施にあたっては、その中身を中長期的なメリットを得られるものに限定し、同時に制度改革・税財政改革など各種改革の推進が必須である。また、消費税増税については経済へのマイナス影響は無視できない。

[Abstract]
Developed countries are in the worst recession now and the negative growth rate is forecasted in 2009 for the first time after the war by the IMF etc. Under these circumstances a large scale of fiscal stimulative policy is to be scheduled in 2009 and 2010 in US, UK, France and China etc. Also in Japan, the economy is now on the brink of the deep recession under the world simultaneous recession and the active discussion has been now under way on the choice of stimulative policy, such as corporate tax reduction, changing of the consumption tax rate and a control of the pension payment etc.
This report shows the outlook for the Japanese economy toward 2020 and we also show mainly the effects in the middle term, of the fiscal policy package and the change of the consumption tax rate etc., on the growth path and on the fiscal reconstruction in the 2010's by using the newly developed macroeconomic=fiscal linked econometric model. Main forecasting results and some of the simulation results are as follows:
i) The average annual growth rate of real GDP toward 2020 will be 1.1%. The economy will not be able to get out of the deflationary phase because of the loose demand and supply conditions. The primary balance of the government(PBG, the fiscal balance less net interest payment/receipt) will not go into the black due to the low increase of the tax revenue throughout the forecasting period (-9.8 billion yen and -1.7% per nominal GDP in 2020).
ii) In the case of 7.5 trillion yen (1.5% of nominal GDP, in real water) increase of government expenditure and 10% cut of the effective corporate tax rate(5 trillion yen reduction of tax revenue), real GDP growth rate increases by 0.5-0.7% in the first and second year. But this policy package deteriorates the PBG in the 2010's and results in -13.7 trillion yen(-2.3% per GDP) in 2020.
iii) In the case of a consecutive five percent hike of the consumption tax rate one by one on and after 2011, the PBG will go into the black in 2018. But in this case, the real GDP growth rate will be 0.4 to 0.7 percent in 2012-2014 and the average growth rate through 2008-2020 will be 1.0%, lower than the base case by 0.1%. We can not ignore the negative effect of the consumption tax rate hike on growth.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

門多 治

社会経済研究所 地域研究領域

浜潟 純大

社会経済研究所 地域研究領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
日本経済 Japanese Economy
2020年の経済展望 Economic Outlook for the Year 2020
財政再建 Fiscal Reconstruction
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.