財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08055
タイトル
オール電化住宅における電力・給湯需要構造の調査分析−短時間間隔計測による最大負荷特性の把握−
[Title]
Load Survey Analysis of Electricity and Hot Water Demands in All Electrical Houses in Metropolitan Area
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
オール電化住宅3世帯を対象に短い時間間隔(電力:1分間隔計測、給湯:30秒間隔計測、従来は5分間間隔計測)で1年半の連続計測を行った。夫婦と2〜3人の子供がいる世帯を対象とした計測データを分析し、ガス給湯を利用した世帯での計測調査の分析評価結果と比較した。分析により以下の結果を得た。
(1) 今回計測調査を行ったオール電化住宅3世帯をガス給湯世帯13世帯の平均( )と比較した結果、オール電化住宅とガス給湯世帯との間には、オール電化住宅固有の機器を除いた電力・給湯日負荷特性に有意な差は認められなかった。(図1-a,b,c)
(2) 給湯機器の違いよりも、ライフスタイルや世帯内の子供の年齢層(図1-c)、空調方式といった要因(図1-b)の方が、日負荷特性に与える影響が大きい。特に、全館空調システムが設置されている世帯では日中のエアコンの電力負荷が他の世帯に比べてきわめて大きかった。
(3) 1分間隔計測データと5分間隔計測データを比較した結果、最大負荷発生時刻に乖離が存在する。また、1 分間隔計測データ(図2-a-)と5分間平均化データ(図2-b-)では電力最大負荷量に2割以上の差が生じる。1時間積算データでは大きな負荷変動発生時の負荷量を過大(図2-a-、)又は過小(図2-a-)に評価してしまう。このため、1分間隔計測データの収集により試作機の応答試験等を適切に行うことが可能となった。
[Abstract]
We had measured electricity and hot water demands of three all electrical houses with monitoring system between 06/2007 and 10/2008. . The monitoring system were sampling demand data every minuets for electricity and every 30 seconds for hot water demand. We obtained the following result from analyzing the load survey data.
(1) Load curves and average demands are not significant different between all electrical houses and houses with gas-fired water heater, except then house with HVAC (heating, ventilating, and air conditioning) system.
(2) The daytime electricity load of air conditioner in house with HVAC is over 2 times grater than other houses with distributed air conditioning system. Not only type of air conditioning system but also life style of householder and age of children affect daily load structure.
Compared load data with short period sampling data with average data in 5 minutes, the peak load of demand in short interval sampling data is found approximately 20% greater than average demand data in 5 minutes.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

今村 栄一

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

池谷 知彦

材料科学研究所 先進機能材料領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力需要 Electricity Demand
給湯需要 Hot Water Demand
オール電化住宅 All Electrical Houses
実測調査 Load Survey Analysis
首都圏 Metropolitan Area
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.