財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08056
タイトル
財政=マクロ経済連動モデルの開発とシミュレーション
[Title]
Development of Macroeconomic=Fiscal Linked Econometric Model and Simulation Experiments in Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
現在、日本経済は戦後最悪の不況の最中にあり、大型景気対策が実施される一方で、将来の財政破綻を回避するために、消費税率の引き上げや年金給付の抑制などが論議されている。財政・社会保障改革が日本経済に多大な影響を及ぼすと予想されるが、その影響を数量的に評価するとともに、マクロ経済・エネルギー需要の動向を展望・分析し、財政とマクロ経済の相互依存関係を数量的に把握できる「財政=マクロ経済連動モデル」を開発した。
財政モデルは新たに開発したものであり、国民経済計算(SNA93)の一般政府勘定表に即して構築されており、中央政府、地方政府、社会保障基金の3部門に分割され、これらの所得支出勘定を明示化している。この「財政=マクロ経済連動モデル」は、主要変数の予測誤差が2%以内にあるため実用可能である。このモデルを使って、財政3部門に関わる財政・社会保障政策とマクロ経済(GDP等)の相互依存関係について詳細な分析ができ、また、日本経済・エネルギー需要の将来展望を実施できる。
開発した連動モデルを使って、2001〜2005年の5年間、特定の外生変数を一定額もしくは一定率だけ継続的に変化させた場合のシミュレーション(サステインド・チェンジ・シミュレーション)を行った。公共投資、消費税率、年金給付などに関わる6ケースであり、そのうちの一つである公共投資シミュレーションの結果は以下の通りである。
公共投資1兆円(対名目GDP比0.19%)増加により、実質GDPは、その効果が浸透する2年目では0.41%、販売電力量は0.21%増加する。名目公共投資乗数(公共投資追加額に対する名目GDP増加額の比率)は、経年的に1.5〜3.0程度に収まっており、安定的である。一方、財政面への影響については、一般政府のプライマリーバランス(基礎的財政収支)は悪化し、2年目では0.89兆円赤字幅が拡大する。地方政府が公共投資の増加の約7割を占めるため、赤字幅は地方政府が最も大きい。
[Abstract]
The Japanese economy is now on the brink of the deep recession under the worst world economy in the post-war period and the active discussion has been now under way on the choice of stimulative policy, such as a large scale fiscal policy, changing of the consumption tax rate and a control of the pension payment. This report shows the newly developed macroeconomic=fiscal linked econometric model for analyzing and forecasting the effects of the fiscal and social security policy. The fiscal model is constructed incorporating three parts, the Central Government, the Local Government and the Social Security Fund in the General Government A/C in the SNA93. Some of the simulation results are as follows:
(i) In the case of one trillion yen (0.19% of nominal GDP) increase of public fixed investment, real GDP increases by 0.41% in the second year. The primary balance of the General government deteriorates by 890 billion yen in the second year. Though the national government bond stock increases, the one per nominal GDP ratio decreases a little because of a larger increase of nominal GDP.
(ii) In the case of a one percent consumption tax rate hike, real GDP decreases by 0.64% in the second year. Primary balance improves by 2.15 trillion yen in the second year. Because of the increase of the primary balance of the Central government is the largest, National burden ratio increases by 1.12% points.
(iii) One percent decrease of growth rate of per capita pension drawing improves primary balance 380 billion yen in the second year owing to the Social Security Fund. But real GDP decreases by 0.05% in the second year.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 恒明

電力中央研究所

門多 治

社会経済研究所 地域研究領域

浜潟 純大

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
マクロ計量モデル Macroecoonmetric Model
財政モデル Fiscal Model
シミュレーション分析 Simulation Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.