財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y08057
タイトル
組織内コミュニケーションによる安全文化の醸成プロセスに関する一考察
[Title]
The Study on the Fostering Process of Safety Culture through Organizational Communication
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、組織内コミュニケーションを「安全文化を醸成するための基盤要素」と捉えた上で、組織内コミュニケーションに関する既存研究の知見を整理し、どのような組織内コミュニケーションが安全文化の醸成に関連しているかについて、既存の質問紙調査のデータを用いて分析を試みた。まず、組織内コミュニケーションに関するこれまでの研究を概括し、組織内コミュニケーションを有効に機能させる要因や、組織内コミュニケーションによってコンテクスト(組織内で共有された価値・規範や、それが具現化した組織体系・制度など)が形成・変化するプロセスを整理した。次に、わが国の電力会社社員を対象に行った質問紙調査のデータを用いて、組織内コミュニケーション環境や人間関係と業務上のコミュニケーション、業務上のコミュニケーションとコンテクスト、コンテクストと成員の安全意識・行動について相関分析を行った。その結果、成員の安全行動やポジティブな感情に関連するコミュニケーション特性や、それらのコミュニケーションを促進する職場環境が明らかになった。
[Abstract]
In this report, past studies on organizational communication (OC) were reviewed from the point of view that OC is a fundamental component for fostering safety culture. Additionally, correlation analysis was tried to clarify features of OC related to safety culture using existing data of a questionnaire survey. Firstly, promoting factors of the effective OC were clarified by reviewing past studies. Next, the process model of a context formation through OC was established. The model indicates that effective communication creates a context in an organization, i.e., organizational culture, organizational system, etc., and that continuous creation of new contexts by utilizing information within and without the organization leads to appropriate organizational behavior against external environmental change. Secondly, correlative relations among employees' safety consciousness and behavior, context, the status quo of OC practices, and circumstances surrounding OC were clarified using the data of a questionnaire survey for employees in Japanese nuclear power plants conducted in 2001. The following results were obtained: 1) Better safety behavior is related with such contexts that employees should conduct their work deliberately. These contexts are related with the following communication practices: active utilization of employees' reports and proposals for improving their work, accurate reporting even when in trouble, etc. 2) Positive affect, e.g., pride in work site and company, is related with such contexts that employees should work actively and cooperatively. These contexts are related with the following communication practices: informing and improving problems of the work site, explanation of corporate policies, etc. 3) Communication practices mentioned above is enhanced under circumstances with a system to collect information and reports of work site, an atmosphere to encourage reporting and proposal from employees, good human relation, and trust relationship.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長谷川 尚子

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全文化 Safety culture
組織内コミュニケーション Organizational communication
質問紙調査 Questionnaire survey
相関分析 Correlation analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.