財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y09001
タイトル
多地域における連系系統送電混雑コスト評価プログラムの開発と有効性の検証
[Title]
A Development and Verification of the Evaluation Program for Multi-area Transmission Congestion
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,地域間連系線や域内の送電線に生じる送電過負荷を解消するための送電混雑コストや各地域での供給支障を評価するために,「連系系統送電混雑コスト評価プログラム」を提案した。多地域連系系統における供給不足電力量の配分方法,地点間電力取引等の系統利用の状況,電源の計画外事故,送電線N-1基準を想定し,本評価プログラムにより送電過負荷の発生箇所とその規模,地域間の電力融通量,連系系統全体および各地域の総発電コストや地点別の供給不足電力量を求めることが可能となる。電気学会の標準系統モデルEAST10を用いて,大規模な固定出力の電源の停止,再生可能エネルギー電源の系統連系,地点別電力取引などの電源・需要シナリオを想定し,本評価プログラムの適用性を検討した。本評価プログラムにより,送電過負荷を悪化させない再生可能エネルギー電源の連系位置,容量や,地点間取引の供給元の電源,供給先の需要,契約量などを判定することが可能であること確認できた。
[Abstract]
This report presents a framework for evaluating interconnected multi-area power systems operation using both transmission Congestion Cost as economic index and Unserved Energy(UE) as a reliability index, which are caused by transmission congestion. These indices are evaluated against unplanned generators' outages and N-1 contingency criterion for interconnected transmission lines and regional transmission lines in multi-area power systems. Regional UE is calculated under the assumptions of combinations of regional demand reduction and interchange power among interconnected regions. Using the IEEJ EAST 10 model, we have shown that the developed model proved itself useful for assessing multi-area power systems operation. In the numerical power system model, this study has shown that (a)Bilateral contract may either relieve or deteriorate transmission loading depending on location and volume of bilateral contract. (b) Renewable energy, whose fuel cost was assumbed to be zero, may increase total generation cost in multi-area power systems due to deteriorating transmission congestion. (c) When UE occurs, mult-area interchange operation, which is by rule applied by electric utilities in Japan and Transmission Loading Relief applied by North American Electric Reliability Corporation can be adequately modeled and analyzed.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2009
発行年月 [Issued Year / Month]
2010/02
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

古澤 健

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

岡田 健司

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

丸山 真弘

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
地域間連系線 Interconnection Transmission Line
多地域運用 Multi-area Power Systems Operation
供給信頼度 Supply Reliability
送電混雑 Transmission congestion
供給不足電力量 Unserved Energy
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.