財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y09002
タイトル
電力入札における環境配慮契約に関する実証分析−裾切り方式の課題とその影響評価−
[Title]
Empirical Analyses of the Green Contracts in Competitive Power Procurements by Government Entities -Assessment of the Impacts of Environmental Qualtiy Thresholds-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,2008年度に行われた政府関係機関の電力入札のデータを用いて,現在,裾切り方式で行われている環境配慮契約が新規参入者の応札者数や落札確率,および調達する電力の二酸化炭素排出係数や価格に与えた影響について計量分析を行い,以下の4つの点を明らかにした。(1)環境配慮契約の案件における応札者数は,環境配慮契約ではない案件と比べて3割程度少なくなっており,競争の確保を難しくしている。(2)環境配慮契約の案件においてPPSが落札する確率は,環境配慮契約ではない場合と比べて有意に低下しておらず,応札しているPPSにとってコストの面で不利な状況とはなっていない。(3)環境配慮契約の案件における落札者の排出係数は,環境配慮契約ではない案件の落札者の排出係数と比べて平均で1kWh当たり0.008kg-CO2程度小さくなっている。(4)環境配慮契約の案件の落札価格は,環境配慮契約ではない場合と比べて,1.6%程度高くなっていることが認められた。
[Abstract]
This report empirically analyzes the impact of green contracts in competitive power procurements by government entities on competition and customers. We first assess the potential adverse competitive effect of the green contract with environmental threshold and then the environmental benefit and cost of power procurements. Specifically, we derive four hypotheses regarding the impact of green contracts: Adoption of green contracts would (1) reduce the number of bidders in competitive power procurements; (2) reduce the probability that PPS as small suppliers win the contract; (3) reduce the average CO2 emissions coefficient of the winners; and (4) increase the successful bid price for the contract. Using data on competitive power procurements during the fiscal year 2008, we estimated statistical models to test these hypotheses. We find that the green contracts significantly reduce the number of bidders among the PPSs. Yet, the probability that PPS as small suppliers win the contract is not necessarily lowered by green contracts. This suggests that environmental threshold effectively limit the participation of potential bidders with high CO2 emission coefficient; yet, the additional costs to participate in procurements with green contracts are not significant. We also find that the green contracts significantly reduce the CO2 emission coefficient of winning bidders but at the same time significantly increase the level of successful bid price. These results indicate that there exists a trade-off between the reduction of CO2 emissions and the reduction of the cost for electric power.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2009
発行年月 [Issued Year / Month]
2010/02
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

三枝 まどか

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
環境配慮契約法 Green Contract Law
電力入札 Competitive Power Procurement
裾切り方式 Environmental Quality Thresholds
二酸化炭素排出係数 CO2 Emission Coefficient
小売競争 Retail Competition
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.