財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y09004
タイトル
健康リスクに関連する情報の伝え方 (その1)―情報源の信頼性や研究の不確実性に関する市民の認識―
[Title]
How to Provide Health Risk-related Information (Part 1)--Public Perception regarding Reliability of Information Sources and Uncertainty of Scientific Research--
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、情報源の信頼性に関する市民の認識、健康影響に関する研究方法についての市民の基礎知識、不確実な健康影響に対する市民の判断などについて調べたインターネット調査の結果を報告する。本調査は、調査会社のモニターから抽出した回答者8534名に対し、2009年2月に実施し、以下を明らかにした。
1) 一般市民は、専門家が伝え手の情報源を、一般の人が伝え手の情報源より信頼しているが、査読のある学術誌と査読のない学会発表は同程度に信頼している。
2) 3種の研究方法(疫学研究・動物実験・細胞実験)の長所や短所に関する正答率が低い。再現性に関する正答率は約4割である。
3) 発がんの証拠が不確かな状況では、専門機関IARC(International Agency for Research on Cancer)が発がんの証拠が確かと評価している場合、一般市民も証拠について確からしいと評価する傾向を示す。
4) 一般市民の多くは、健康影響を確実に判断するには、数多くの研究結果の一致を確認した方が良いと思っている。また、研究結果は将来覆る可能性があるとも思っている。
5) 人への発がん性について、動物実験の結果から判断する場合の確信度は、疫学研究の結果から判断する場合の確信度と有意差がない。人のがんの予防効果については、動物実験の結果から判断する場合の確信度は、疫学研究の結果に対する確信度よりも有意に低い。
[Abstract]
This report presents the results of the internet survey for investigating public perception on reliability of information sources, public's knowledge about research methods on health effects, and public judgment on health effects with uncertain evidence, etc. The survey was conducted in February 2009, where 8,534 respondents, chosen from monitors of a survey company, answered. The results show that:
- The respondents consider that the information from expert is more reliable than from ordinary people. There is no difference in reliability of source among the respondents between peer-reviewed papers and conference presentations.
- The percentages of correct answer to the questions on advantages and disadvantages of three research methods on health effects (cell experiment, animal experiment, and epidemiology study) are relatively low. Additionally, about 40% of the respondents correctly answer to the question on the repeatability of scientific research.
- Where the evidence for carcinogenicity is uncertain, the higher confidence International Agency for Research on Cancer has its judgment on the evidence for carcinogenicity, the higher confidence the respondents also have its judgment on the evidence.
- Many of respondents feel that the higher consistency of results of many epidemiology studies is better for more reliable judgment. They perceive the possibility that the current research results might be reversed by the new ones in the future.
- The estimation that the respondents evaluate the certainty of carcinogenicity to humans based on the result of an animal experiment is not significantly different from the one that they evaluate it based on the result of an epidemiology study. On the other hand, the estimation that the respondents evaluate the certainty of anticancer effect in humans based on the result of an animal experiment is significantly lower than the one that they evaluate it based on the result of an epidemiology study.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2009
発行年月 [Issued Year / Month]
2010/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

千田 恭子

社会経済研究所 地域政策領域

小杉 素子

社会経済研究所 地域政策領域

土屋 智子

社会経済研究所 地域政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
不確実性 Uncertainty
健康リスク Health risk
インターネット調査 Internet Survey
科学技術情報 Scientific Information
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.