財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y09005
タイトル
米国における「デカップリング」の現状と課題 省エネルギー推進などを目的とした電気料金制度の一例
[Title]
RECENT DEVELOPMENTS ON THE REVENUE DECOUPLING: AN ELECTRICITY TARIFF REGIME TOWARD ENERGY EFFICIENCY IN U.S.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米国では,省エネルギー推進に向けたインセンティブをエネルギー事業者に付与することなどを狙いとして,デカップリング(decoupling)という電気・ガス料金制度の導入が,各州のイニシアチブにより進んでいる。2009年12月現在,電気料金については11の州と地域が,ガス料金については18州が,同制度を導入している。デカップリングの下では,ある時期のエネルギー需要が低迷し,事業者の料金収入が料金改定時の想定を下回ったときは,次期の料金単価が自動的に引き上げられ,減少分が事業者に補填される。反対に,料金収入が想定を上回ったときは,次期の料金単価が引き下げられ,増加分が需要家に還元される。デカップリングに対して,料金変動のリスクを被る需要家団体は反対している。他方で事業者や環境保護団体は同制度を概ね支持しているが,その動機や背景は様々である。日本で省エネルギー政策の一貫として類似の制度の導入を検討する際には,適切な需要家保護策の採用などにより,需要家に納得して受容されるように努める必要がある。もしもデカップリングの導入が事業者の需要拡大に対するインセンティブ減殺につながれば,エネルギー間競争が後退し,これが生み出した需要家へのメリットが喪失する可能性がある。
[Abstract]
This report examines the recent status and developments of electric and gas utilities' revenue decoupling in the United States through the literature surveys and interviews. Major findings are as follows. i) As of December 2009, 11 states have introduced revenue decoupling for electric utilities and 18 states for gas utilities. Some other states are now under consideration to introduce the scheme. ii) Many stakeholders express various opinions and stances. Environmentalist groups support revenue decoupling because they consider it essential to stimulate energy efficiency investments by energy utilities. Facing a constantly shrinking demand, gas utilities have been supporting revenue decoupling with an expectation to maintain the level of revenues. Although electric utilities used to be not so supportive under an increasing demand, they are changing their stance as the energy efficiency becomes an acute issue. Energy consumer organizations strongly oppose to revenue decoupling claiming that it unduly transfers risk from utilities to consumers. While state utility regulators fundamentally support decoupling, they object to its introduction by the federal authority. iii) Revenue decoupling alone is not effective at all for stimulating energy efficiency investment by utilities, and thus it should be coupled with other energy efficiency policy measures. iv) Two major obstacles exist before introducing revenue decoupling in Japan. Energy consumers would hardly accept them without proper consumer protection measures. More importantly, revenue decoupling has the possibility to threaten the inter-energy competition between electric and gas utilities that have benefited Japanese energy consumers.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2009
発行年月 [Issued Year / Month]
2010/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐藤 佳邦

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
デカップリング Revenue Decoupling
料金規制 Utility Rate Regulation
省エネルギー Energy Efficiency
電気・ガス事業 Electricity and Gas Industries
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.