財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y09020
タイトル
太陽光発電は需要創出によりどこまでコストが下がるのか
[Title]
Learning curve analysis of Photovoltaics in Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
太陽光発電(PV)に対して、需要創出による価格低下を目指した普及政策が強化されている。しかし、需要創出により、価格はどの程度低下するのか、費用効果的な温暖化対策になるのか、検討が不十分である。そこで、PVが既存電源と競合可能な分岐点(Break-Even Points: BEP)に到達するまで必要とされる学習投資額とCO2削減コストを推計する。(1) 2030年まで、政府目標通りPVが導入されると仮定すると、本研究による試算結果は「2020年2800万kW導入、29-31円/kWh」、「2030年5300万kW導入、21-24円/kWh」である。政府目標(同14円/kWhと7円/kWh) まで低下しない可能性がある。(2)2050年までの学習投資額は、BEP(円/kWh)6円ケースでは、BEPに到達せず、2050年までの総額15〜19兆円(割引率3%)、年平均投資3600〜4400億円。BEP18円ケースでは、到達年は2031〜2036年、総額4〜5兆円、年平均1500〜1800億円である。これは1992〜2008年の年平均約800億円の2〜10倍以上割高である。(3) CO2排出削減コストは、BEP6円で37,000-41,000円/CO2-t、18円で17,000-20,000円/CO2-tと割高である。
[Abstract]
The diffusion policy aiming at photovoltaics price reduction by demand pull has been strengthened in Japan since 2008. However, it is unclear to what magnituted it decreases and whether it proved as cost effective instruments for climate change. This study focuses on how much spending would be justified to reach Break-Even Points (BEP) where PV can compete with an existing power supply, and the associated CO2 reduction costs. (1) The calculations show the PV generation costs will reach 29-31 Japanese Yen(JPY)/kWh by 28GW PV installation until 2020, and 21-24 JPY/kWh by 53GW PV installation until 2030. The results indicate a possibility of failing meet to the governments targets (14JPY/kWh by 2020 and 7JPY/kWh by 2030). (2)Regarding BEP 6JPY/kWh case, whch turned out infeasible, the required amount of investment is 15-18trillion JPY(discount rate 3%) by 2050, with annual average investment 360-440 billion JPY. In BEP18 JPY case, PV costs will rearch the level by 2031-2036, while the amount of investment is 4-5trillion JPY by 2050, and annual average investment 150-180 billion JPY. (3)CO2 reduction costs are 17,000-20,000yen/CO2-t in BEP6 JPY case, 37,000-41,000 JPY/CO2-t in BEP18JPY/kWh case.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2009
発行年月 [Issued Year / Month]
2010/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

朝野 賢司

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
太陽光発電 Photovoltaic
学習曲線 Learning curve
学習効果 Leaning by Doing
固定価格買取制度 Feed-in tariff
学習投資 Leaning investments
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.