財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y09028
タイトル
スマートメータ導入に関する米国の動向とわが国における便益評価の課題
[Title]
The Issues in Assessing the Benefit of Smart Meters in Japan Based on the Analysis of the U.S. Case
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米国がスマートグリッドに取り組む背景として、需給の逼迫と供給信頼度の低下が挙げられる。スマートメータは、これを解消する重要な構成要素として位置付けられ、導入が進んでいる。本報告書は、米国がスマートメータ導入に期待する社会的便益を調査し、わが国においてこれらの便益を評価する上での課題を明らかにしたものである。わが国では、スマートメータの導入は、低圧停電事故時の早期復旧や太陽光大量連系時の余剰電力抑制、「見える化」システムの実現による省エネの推進などに貢献することが期待される。一方、デマンドレスポンスプログラムの導入効果は、これから実証試験等を通じて明らかにする段階である。また、低圧停電事故時の早期復旧については、得られる便益を定量的に評価する必要があり、太陽光余剰電力の抑制や「見える化」システムの実現については、スマートメータを使用しない代替手段との対案比較が必要であるなど、便益評価の課題が見受けられる。
[Abstract]
A smart meter is an advanced electrical meter that provides real-time information about electricity consumption and enables mutual communication between a utility and a consumer. The smart meter is regarded as one of the key components of the smart grid.
To find issues in assessing the benefits of smart meters in Japan, we surveyed and analyzed literatures on the smart meters and smart grid in the U.S. Our main questions are as follows:
1) What kind of social benefit from smart meters is expected in the U.S.?
2) Are these social benefits of smart meters in the U.S. applicable to Japan as well?
3) What are the issues in assessing the benefits of the smart meters in Japan?
According to our analysis, the smart meters in the U.S. are expected not only to dissolve lack of supply capability and improve supply reliability, but also to enable the grid connection of renewable energy resources and improve energy- conservation. These social benefits might be important for Japan as well; however the effectiveness of smart meters to these objectives has not been clarified in Japan. Benefits of Demand Response (DR) programs using the smart meter in Japan are to be demonstrated by field tests. In addition, alternatives to the smart meter should be also assessed in order to achieve proper control of surplus electricity from photovoltaic (PV) power in the future and in visualization of electricity usage for customers.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2009
発行年月 [Issued Year / Month]
2010/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高山 正俊

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

山口 順之

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

高橋 雅仁

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

戸田 直樹

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

浅野 浩志

社会経済研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
スマートメータ Smart Meter
スマートグリッド Smart Grid
分散型電源 Distributed Generator
太陽光発電 Solar Power
費用便益 Cost-Benefit
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.