財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10003
タイトル
職位と組織風土が個人の安全意識・行動への影響要因に及ぼす差異の検討:電力会社を対象として
[Title]
A Study on a Difference of Influential Factors on Individual Safety Consciousness and Behavior by Duty Position and Organizational Climate: A Study of an Electric Power Company
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、個人や職場の状態に即した安全意識・行動の変容方策の立案に資するため、個人の安全意識・行動への影響要因モデルにおける職位および職場の組織風土の差異を検討した。同一企業内の複数事業所にそれぞれ所属する1604名(管理職425名、一般職1175名、職位不明者4名)を対象に実施した質問紙調査のデータを用い、共分散構造分析を実施した。まず同一モデルを管理職と一般職に適用し、職位による差異を検討した結果、職位によって影響要因モデルに差異が生じることが確認された。職位別の影響要因モデルを作成したところ、個人の安全行動に直接影響する要因や安全施策への影響要因に差があることが明らかになった。次に、一般職のみを対象として所属組織の組織風土による差異の検討を行った。「上層部の安全に対する姿勢」「上司の配慮・サポート」「人間関係」の3つの要因から構成される組織風土得点を用いて、得点の低い事業所群と高い事業所群の比較を行った。その結果、組織風土得点の高低によって影響要因の因果関係に差異が生じることが確認された。群別の影響要因モデルを作成したところ、個人の安全行動に直接影響する要因や職場の人々の安全行動への影響要因に差があることが明らかになった。職位や組織風土によって影響要因の因果関係が異なっていたことから、実効性の高い安全意識・行動の変容方策を立案するには、個人や職場の状態に即した影響要因の因果関係を把握することが重要であることが示された。
[Abstract]
Although most companies address company-wide activities to prevent incidents and misconducts, effect of the activities is uneven. This fact may be caused by difference of influential factors on individual safety consciousness and behavior depending on employees' duty position or characteristics of each workplace. Hence, in this study, it is intended to clarify the variation of the model of influential factors on individual safety consciousness/behavior by the two kinds of condition, i.e. individual duty position and organizational climate. The clarification was conducted using the questionnaire data obtained from employees who belong to one of departments in a company. Covariance structure analysis was applied to clarify differences of the model. Firstly, statistical differences owing to duty position were observed by one of method of covariance structure analysis (multiple population analysis) in which the same model was applied to both two groups, i.e. 425 managers and 1175 general employees. Comparing two models of each group, influential factors on safety behavior and ones on safety measures were different. Secondly, differences owing to organizational climate were examined. The general employees were classified into low/high group based on average scores of their business establishments which evaluated organizational climate. Comparing each group's model, influential factors on safety behavior and ones on co-workers' safety behavior were different. These results suggest that activation of safety measures seems to be effective for managers and general employees in high group of organizational climate, but for general employees in low, involvement of whole work place members is more necessary. These results could be applied to prepare detailed plans to enhance individual safety consciousness/behavior.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2010/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山崎 寛享

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

長谷川 尚子

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

早瀬 賢一

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

廣瀬 文子

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全意識 Safety consciousness
安全行動 Safety behavior
職位 Duty position
組織風土 Organizational climate
共分散構造分析 Covariance structure analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.