財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10005
タイトル
米国における家庭用デマンドレスポンス・プログラムの現状と展望−パイロットプログラムの評価と本格導入における課題−
[Title]
Demand Response Programs for Residential Customers in the United States -Evaluation of the Pilot Programs and the Issues in Practice-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米国における家庭用DRのパイロットプログラムでは,ダイナミック料金等によって10〜20%程度のピーク削減効果が認められるものが多く,特にスマートサーモスタットなどの支援技術を利用する場合に効果がより明確になることが観察されている。ただし,その効果は主にセントラルエアコンを保有するような需要規模の大きい家庭によるものである。家庭用需要家を対象にダイナミック料金を本格導入している事例は,米国でもまだ限られており,参加率も高くない。ダイナミック料金は全ての需要家に強制的に適用されるべきとの考え方もあるが,現実には需要家の選択に委ねられている。需要家は料金メニューの選択にあたり,必ずしも経済合理的に考えない傾向があることも指摘されており,そのメリットを理解するための教育が重要と考えられている。また,いくつか課題はあるものの,需要家が受け入れやすいピークタイムリベートの導入例が増える可能性もある。
[Abstract]
This report summarizes the results of the recent pilot programs of demand response for residential customers in the U.S. and discusses the issues in introducing dynamic pricing to induce demand response in practice. The results of the major pilot programs suggest that on average residential customers react to price differentials between peak periods and off peak periods. Critical peak pricing is more effective as compared to a simple time-of-use pricing, and in general higher peak price relative to off peak price level induce larger peak reduction. Enabling technologies, such as programmable thermostat, have been proved to be effective in reducing peak demand, though the cost-effectiveness of such technologies is not quite clear. Some states have already introduced dynamic pricing to the residential customers as optional menu. There are benefits to mandate dynamic pricing to all the residential customers, though it seems to be difficult to do so for political reasons. It is thus quite important to increase the participation rate in dynamic pricing. Since customers have some psychological reasons not to choose dynamic pricing, customer education is crucial. Peak time rebate has been popular in recent years, for customers think it easier to accept; yet its peak reducing effect is not yet clear.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

戸田 直樹

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドレスポンス Demand Response
ダイナミック料金 Dynamic Pricing
パイロットプログラム Pilot Programs
家庭用需要家 Residential Customers
スマートメーター Smart Meter
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.