財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10009
タイトル
世界のCO2排出大幅削減に向けた高効率電化技術の役割− 積上げ式世界エネルギー・システム・モデルの改良と試算 −
[Title]
The role of efficient, electric technologies in substantial reduction of CO2 emissions as modeled in an improved bottom-up world energy system model
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
世界エネルギー・システム・モデル「ESモデル」を改良し,CO2の大幅削減策と電化の関係を調べた.モデルの改良では,需要端の技術選択を具体的にモデル化し,高効率電化技術を考慮できるようにした.新たにヒートポンプや電気自動車等の技術を追加した.需要端の技術選択においては,需要家が非常に短い投資回収年数を求めるといった実態があり,主観的割引率という概念を用いてこうした高効率電化技術の導入障壁(バリア)をモデルで表現した.
CO2大幅削減シナリオを試算し,排出制約が厳しくなるにつれて,電化率は全部門で向上することを示した.高効率電化技術導入は,世界の大幅CO2削減と整合的であり,これを適切に推進するためのエネルギー技術政策が求められる.感度分析の結果から運輸部門では技術のコスト低下を促す政策が,業務・家庭部門では電化技術導入の障壁を低減する普及支援政策が重要であることが示唆された.
[Abstract]
An energy system model has been updated to explicitly treat technology choices on the demand side. The model, called Energy for Sustainable World Model, is a linear programming model, which is global in scope and minimizes the energy system cost at each time step. The model now includes heat pumps for hot water and space heating, and several electric vehicle technologies.
Imposing emissions reduction targets leads to an increase in the electrification rate, which is defined as the proportion of electricitiy to the final energy demand. Efficient electric technologies contribute to substantial decreases in the marginal cost of carbon dioxide emissions abatement. Sensitivity analyses demonstrate that electrifying the transport sector requires significantly cheaper batteries and vehicles. On ther other hand, removing barriers to adoption by lowering high implicit discount rates can induce diffusion of heat pump technologies.
Electric technologies are the key to climate change mitigation, and policies to promote such technologies will enable future drastic cuts in emissions.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

杉山 昌広

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

今中 健雄

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電化・電力化 Electrification
エネルギー・モデル Energy Model
気候政策 Climate Policy
ヒートポンプ Heat Pump
電気自動車 Electric Vehicle
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.