財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10014
タイトル
ポーター仮説のレビューとわが国産業における実証分析
[Title]
A Review of Porter Hypothesis and Empirical Study on Japanese Industries
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
企業の環境問題への取り組みに関する重要性が高まっている。一方、その取り組みが経済価値の創出に貢献しなければ実施する根拠は脆弱なものとなるが、環境への取り組みと経済価値の関係について、これまでの研究では整合的な結論は得られていない。そこで本稿では、企業の環境への取り組みと経済効率の関係に関するポーター仮説について文献と実証分析から検証し、電気事業の環境経営について考察する。
[Abstract]
Environmental management has become one of the most important factor of corporate social responsibility. However, if the environmental management does not produce any financial value, the reason for the implementation is not solid to continue such an effort. This study examined relationship between environmental management and firms' value creation by reviewing a literature of Porter hypothesis. In addition, this study conducted an empirical study using a dataset consisting of seven Japanese industries such as iron and electricity.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 美香

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
環境経営 Environmental Management
経済効率 Economic Performance
ポーター仮説 Porter Hypothesis
環境規制 Environmental Regulation
ダイナミック・パネル推定 Dynmic Panel Estimator
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.