財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10015
タイトル
地域性を考慮した日本のエネルギー需給分析モデル(J-REM)の開発
[Title]
Development of the Regional Energy Model of Japan (J-REM) Considering the Regional Difference in Energy Usage
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
日本を気候区分、人口密度、都市ガス供給区域などの地域特性に応じてを7つに分割した「地域別日本エネルギーモデル」(J-REM)を開発した。そして、2050年にかけて大幅にCO2排出量を削減する場合についてモデルランを行った結果、人口密度が低く、自動車1台当たりの平均走行距離が長い地域ほど次世代自動車の導入が早いこと、温暖な地域ほど家庭部門の給湯でヒートポンプ給湯器が活躍するなど、地域特性に応じた技術選択がなされることを明らかにした。
[Abstract]
This study has developed the Regional Energy Model of Japan (J-REM) and showed the results of its test-run. Previously, we developed the Japanese Hydrogen Energy Model (J-HEM) and analyzed the cost and effectiveness of introducing innovative energy supply and utilizing technologies. However, it is necessary to develop another model which enables to reflect regional differences in energy usage to analyze the technology choice more precisely. The J-REM divides energy demand sectors of Japan into seven regions considering climate, population density, and availability of city gas infrastructure and energy demand and energy service demand in each region are estimated. The results of test-run shows two remarkable differences in regional technology choices will happen to decrease CO2 emission considerably towards 2050. One difference is that the introduction of next-generation cars is more rapid in the region where public transportation is not well-prepared and the dependence on automobiles is heavier. Another difference is that the heat-pump hot water heater in the residential sector will be used more actively where the climate is warmer. We will analyze the CO2 reduction more precisely by checking various presuppositions and revise the model including the changes in regional division.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

永田 豊

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
革新技術 Innovative Technology
エネルギーモデル Energy Model
技術評価 Technology Assessment
地域比較 Regional Comparison
最適化 Optimization
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.