財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10016
タイトル
日本のエネルギー需要の価格弾力性の推計 −非対称性と需要トレンドの影響を考慮して−
[Title]
An estimation of price elasticity of energy demand in Japan -Considering the influence of asymmetry and energy demand trend -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
エネルギー需要の価格弾力性は、税や補助金などの温暖化防止政策の効果を左右する値であるが、その大きさについて、日本での十分な検討はなされていない。そこで本報告書では、日本における温暖化防止政策を考えるにあたって、参考となる、より信頼性の高い部門別エネルギー需要(産業、業務、家庭、運輸)の価格弾力性を求めることを目的に分析を行った。主な成果は以下のとおりである。
1. 先行研究のレビューから明らかになった課題
最も一般的に参照される、マクロ時系列データによる先行研究をレビューし、推計結果に違いをもたらす要因は次の2つであることがわかった。_然覆両緇佐と下降期とで価格弾力性が等しくない(価格弾力性の非対称性)。▲┘優襯ー需要に影響を与える非線形なトレンドが存在する(トレンドの非線形性、基底的トレンドと呼ぶ)。
2. 日本の部門別価格弾力性の推計結果
(1)価格弾力性の非対称性とトレンドの非線形性を同時に考慮した推計モデルを、カルマンフィルターの手法を用いて、1986年第1四半期から2009年第4四半期までのマクロ時系列データから推計し、日本の部門別(産業、業務、家庭、運輸)のエネルギー需要の長期価格弾力性を求めた(表)。
(2)産業、業務、運輸各部門で、価格弾力性の非対称性が確認された。産業、運輸部門では、最高価格更新時の価格弾力性は大きい反面、それ以外での価格弾力性は小さい。
(3) 産業部門以外で、非線形なトレンドの存在が確認された(図)。例えば運輸部門では、トップランナー制度の導入をきっかけに、増加基調にあった基底的トレンドは減少に転じている。
以上から、環境税の価格効果を考える場合、最高価格を更新するほどの高い税率を課すか、最高価格を更新する価格上昇期に合わせて課税をすれば、より大きな省エネ効果が期待できる。しかし、そのような税率やタイミングでの課税は、政治的には非常に困難であろう。
[Abstract]
In Japan, there is no consensus about the price elasticity of energy demand, which is an important reference for the effectiveness of price related climate policy. In order to get reliable estimates, we apply the following estimation method considering the influence of energy demand trend and the direction of price changes.
From our review of related studies focusing on Japan, we confirmed that the price elasticity estimates have wide range of results. And the divergence of estimated values are explained by asymmetricity of price elasticity, which means the price elasticity in the period of price rise is different from that in the period of price fall, and non-linearity of trend which consists of various factors such as technological changes, life-style changes, demographic changes and so on. Considering these two factors, we employed Kalman-filter methods and estimated the sectoral energy demand functions for industrial, building, residential and transportation sectors based on the quarterly time series data from the first quarter of 1986 to the first quarter of 2009.
We found that the price elasticity values have asymmetricity in the three sectors except for residential sector. In industrial and transportation sectors, the estimated price elasticity is large enough only when the energy price outstrips the recent highest price levels. Using Kalman Filter model, we figured out the non-linear trend of energy demand (underlining energy demand trend) for each sector. And we found that the slope of the underlying energy demand trend in residential sector became smaller after the top-runner program was installed.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

星野 優子

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
価格弾力性 price elasticity
エネルギー需要 energy demand
温暖化防止政策 climate policy
省エネルギー energy conservation
カルマンフィルター Kalman filter
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.