財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10018
タイトル
核セキュリティに関連する国際情勢の動向分析−INFCIRC/225/Rev.5への改定を中心に−
[Title]
An Analysis of International Situation Concerning Nuclear Security - Focused on the Revision to INFCIRC/225/Rev.5 -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2001年の米国同時多発テロ以降は、テロ対策は国際的な協調の下に進める必要があるという認識が広がっており、核セキュリティ対策もその一環として、種々の取組が実施されている。本報告では、INFCIRC/225/Rev.5を中心に、国際的な核セキュリティ対策の動向を分析し、日本に求められる対応についての含意を得ることを目的とする。
近年の国際的な核セキュリティ対策について整理するとともに、INFCIRC/225/Rev.5等の文書を調査・分析し、Rev.4との比較を通じてRev.5の注目すべき改定点を明らかにした。Rev.5では、事業者の責任の明確化、対応すべき脅威や措置の範囲の拡大、リスクベースの物理的防護等の新たな概念の導入がなされていることがわかった。政府は、Rev.5が日本に対して強い影響力を持ちうることを考慮し、2010年の核セキュリティ・サミットにおいてアジア地域での核セキュリティの指導的役割を担う意思を首相(当時)が国際社会に示したことを念頭に入れ、Rev.5の国内法令への確実な反映に向けた検討を開始することが望ましい。政府・事業者問わず、日本は核セキュリティに関する国際的な合意形成に向けた議論に積極的に関与することが強く望まれる。
[Abstract]
Since the September 11 attacks in 2001, counterterrorism measures have become not just domestic issues but critical issues that need international cooperation. Various nuclear security measures are in place as part of international counterterrorism measures. This report looks at the trend of international nuclear security measures to get implications for Japan, focusing on INFCIRC/225/Rev.5, an international guideline for physical protection of nuclear materials and nuclear facilities drawn up by IAEA. The observations of this report are as follows:
1) While legally binding nuclear security measures such as multilateral treaties and United Nations Security Council Resolutions impose minimum requirements on individual countries, the approaches led by IAEA or individual countries or private associations aim at more detailed consideration or information sharing to further improve nuclear security.
2) INFCIRC/225/Rev.5 comprises new concepts such as risk-based physical protection and nuclear security culture, as well as extended range of threats such as insiders or stand-off attacks and broader scope of measures to response. Japan should consider incorporation of INFCIRC/225/Rev.5 to its national laws and regulations putting in mind that it may have heavy influence and that Japan pledged to role leadership about nuclear security to international society.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

稲村 智昌

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

田邉 朋行

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
核セキュリティ Nuclear Security
物理的防護 Physical Protection
INFCIRC/225 INFCIRC/225
リスク管理 Risk Management
信頼性確認 Trustworthiness
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.