財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10031
タイトル
燃料・卸電力・排出権の市場価格変動リスクの計測−原油価格高騰時の市場リスク−
[Title]
Market risk measurement of fuel price, electricity price and CO2 emission rights price- Market risk during the crude oil bubble period -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では、燃料、排出権、卸電力などの、発電事業を通じて相互に関連するエネルギー商品の価格変動リスクを定量的かつ統合的に計測する手法を示し、欧州および米国における過去の市場リスクを検証することで、我が国の電気事業の収益変動リスク管理に対する示唆を得る。
火力発電事業の収益は、燃料、排出権、卸電力が市場で取引されると仮定した下でのポートフォリオとみなすことができる。金融工学のポートフォリオ理論により、火力発電事業の統合市場リスクは、ポートフォリオ・ウェイト、各エネルギー商品の市場リスク、商品間の相関関係に依存して定量的に計測するが可能となる。各商品の市場リスクおよび相関関係は日々変動しており、2008-09の燃料高騰時のようにエネルギー商品の価格変動が大きいときには統合市場リスクも高くなる。また、ポートフォリオの分散効果により統合市場リスクは卸電力単体の市場リスクよりも小さく計測される。各商品の市場リスク、相関関係を適切に把握することが発電事業のリスク管理上で重要である。
[Abstract]
The purpose of this paper is to explain the development of an integrated risk measure of fuel market risk, CO2 market risk and wholesale electricity market risk and to get useful implications for the electricity company's risk management. Using sample data from Europe and U.S., we conduct a careful risk-return analysis of empirical market data of these energy commodities. The major findings are follows.
A coal-fired power plant and a gas-fired power plant are considered as an energy portfolio of fuel, CO2 emission rights and wholesale electricity. By applying the financial portfolio theory, we can measure the integrated market risk of each portfolio.
By the analysis of market data, we found that the fluctuations of market risks of these energy commodities are very volatile, especially during the 2008-09 crude oil bubble period, and mutually correlated each other. And the integrated market risks of power plant during bubble period increase reflecting the high risks of each commodities in that period. We also found the integrated market risks are greatly decreased compare to the solo market risk of wholesale electricity by the diversifying effect of portfolio. These results suggest that the proper calibrations of temporal market risks of each commodities and temporal correlation between these commodities are very important for the electricity company's risk management.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

遠藤 操

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
原油価格高騰 Soaring Crude Oil Prices
市場リスク Market Risk
定量的なリスク計測 Quantitative Risk Measurement
ポートフォリオ Portfolio
CO2排出権 CO2 emission rights
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.