財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10032
タイトル
ドイツの送配電事業におけるインセンティブ規制の課題−低炭素社会に向けた設備投資への影響を中心に−
[Title]
Issues in Incentive Regulation for Electricity Network in Germany - Potential Impact on Capital Investment for Low-Carbon Society -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ドイツでは,2009年に送配電事業者の効率化を促進するため,インセンティブ規制としてレベニューキャップ規制を導入している。規制当局である連邦ネットワーク庁は,ベンチマークを設定し,10年後までに送配電事業者の非効率性を是正することを目的としている。
一方,近年,ドイツの送配電部門には,風力をはじめとした再生可能エネルギーの大量導入に対応するための設備投資が求められている。このような観点から,現行のドイツのレベニューキャップ規制の内容について考察を行うと,送電部門の再生可能エネルギーの導入のために追加的に生じた設備投資や配電部門のR&D関連の費用が直ちに収入の上限に考慮されないという「期ずれ」の問題があることが明らかになった。
また,このような課題については,今後,欧州全体においても議論が展開すると思われる。
[Abstract]
This report discusses the issues of network regulation for a low-carbon society based on the design of revenue cap regulation in Germany. After a brief overview of the German electricity industry, we summarize the background for introducing revenue cap regulation in 2009, as an incentive regulation for electricity transmission and distribution network. Next we review the details of the design of the revenue cap regulation currently implemented in Germany and point out several unique features with respect to efficiency improvement and treatment of the additional capital investment. Then, we discuss the issues in network regulation for a low-carbon society and the potential drawbacks of the revenue cap regulation in Germany in light of the regulatory practices in other European countries. If the distribution system operators (DSOs) are to invest in "smart grids" under the revenue cap regulation in Germany, they may suffer from the delayed recognition of capital expenditure, difficulty of understanding of regulatory methods such as benchmarking, and the lack of incentives for innovation and R&D funding. The debate over the new challenges of network regulation for a low-carbon society has already emerged in Europe and the role and the scope of incentive regulation in Germany and elsewhere aimed at efficiency gains may be reconsidered in the near future.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

三枝 まどか

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

服部 徹

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
送配電料金規制 Network Regulation
レベニューキャップ Revenue Cap
設備投資 Capital Investment
低炭素社会 Low-Carbon Society
ドイツ Germany
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.