財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10033
タイトル
「オールジャパン」による原子力国際展開の課題 −業種別国際展開戦略オプションに基づく問題点の抽出と改善提案−
[Title]
Some Problems of Recent "All Japan" Strategy for Nuclear Power Exports - Identification of its Problems and a Proposal for Improvement based on International Development Strategies of the major three Categories of Businesses constituting Nuclear Power Industry -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
新興諸国での原子力発電の導入と拡大が見込まれる中、原子力産業の国際展開を積極的に推進しようという気運が日本国内で高まっている。その具体的戦略として、政府・プラントメーカー・電力会社の協力体制の下、調達・建設から運転管理に至るまで、システムとして一括受注するという「オールジャパン戦略」を政府は強力に推進している。本研究では、原子力産業の国際展開を取り巻く内外の環境要因の整理に基づいて、政府の「オールジャパン戦略」の意義と問題点を考察し、日本にとって望ましい原子力国際展開のあり方を提案した。
[Abstract]
In Japan, "All Japan" strategy for nuclear power exports, which arranges engineering companies and electric utilities to sell nuclear power plants providing engineering, procurement, construction and operation abroad, with governmental support of expanded trade insurance, is strongly promoted today as a part of Japan's national growth strategy. However, "All Japan" strategy generates some problems because the strategy does not consider difference of business strategies concerning international development of each enterprise.
This report identifies problems of "All Japan" strategy based on environmental scanning of major three categories of businesses, which are big nuclear technology companies, vendors and electric utilities constituting nuclear power industry. And this report proposes the way to improve the strategy as follows to resolve those problems.
1) It is necessary to assess the risk of the project that is to be undertaken by "All Japan" approach carefully.
2) Governmental support for vendors is also needed because the vendors are source of strength of international development of the nuclear industry in Japan.
3) Where the cooperation among the electric utilities is necessary, imposing the risk burden on the utilities should be avoided.
4) It is necessary for government to take measures about "Weakness" and "Threat" that each category of business commonly faces.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田邉 朋行

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力産業の国際展開 International Development of the Nuclear Industry
「オールジャパン戦略」 "All Japan" Strategy for Nuclear Power Exports
成長戦略 National Growth Strategy
原子力ルネサンス Nuclear Power Renaissance
SWOT(環境)分析 Environmental Scan/SWOT Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.