財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10034
タイトル
低炭素エネルギーに対する消費者選好と要因分析
[Title]
Consumers' Preferences toward Low Carbon Energy and Analysis on their Determinants Factors
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国では、エネルギーの低炭素化に向けて、原子力発電や再生可能エネルギー電源の導入、スマートグリッドやHEMS、スマートコミュニティなど様々な施策の検討がなされている。これらの低炭素エネルギー施策は、消費者に追加的な費用負担を生じたり、行動変化を期待したりするものであるため、政府や電気事業者が施策を立案・実施する際には、消費者の施策に対する受容性や選好を把握することが重要である。本報告では、低炭素電源やスマートグリッド、HEMS関連サービス等に対する消費者の受容性や選好を調査、その要因を分析し、エネルギー政策や電気事業経営への示唆を得る。わが国の消費者を対象とした質問紙調査を行った結果、発電エネルギー源の選択や省エネサービスの利用など消費者の選択による施策への期待が高い一方、原子力発電や再生可能エネルギー、環境税など消費者の選択によらず導入される一律型の施策への期待は低いことが明らかとなった。HEMS関連サービスについては、有料で3〜4割、無料ならば8〜9割の回答者が利用意向を有することがわかった。低炭素エネルギー施策への選好要因を分析した結果、電気料金や原子力発電の安全対策と情報提供への満足度が高い消費者は、一律型施策である環境税負担や原子力発電を受容するものの、高効率給湯機器や選択型施策である低炭素電力の選択肢拡大、低炭素型地域エネルギーなどを選好しない傾向にあることを明らかにした。
[Abstract]
The introduction of nuclear power and renewable power and the development of smart grid and home energy management system (HEMS) are discussed in order to reduce CO2 emission in energy supply in Japan. Because under these measures consumers are required to pay additional cost and change their energy consumption behavior, it is significant to investigate consumers' acceptances and preferences of these measures. In this study, consumers' acceptances and preferences for these measures are investigated, and their determinants factors are analyzed based on consumers' questionnaire survey conducted in October 2010. This questionnaire survey showed that consumers' preferences for low carbon measures, such as choice of low carbon power sources and services for energy conservation, which consumers can choose by themselves, were higher than low carbon measures, such as nuclear power and renewable power, which consumers can not choose. 30 to 40 percent of respondents would pay for services related to HEMS, 80 to 90 percent of respondents would like to use the services by free. An analysis of the determinants of preferences for low carbon energy measures shows that consumers who highly evaluate electric power companies in terms of electricity rate, safety and public relations of nuclear power would tend to accept introduction of carbon tax and additional nuclear power installation. However, such consumers would not have preferences for high efficient water heaters, choice of low carbon power sources and smart community with low carbon energy system.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 久典

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

蟻生 俊夫

社会経済研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
消費者選好 Consumer preference
低炭素エネルギー Low carbon energy
電化 Electrification
スマートコミュニティ Smart community
ホームエネルギーマネジメントシステム Home Energy Management System (HEMS)
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.